続けられるダイエット

食欲が止まらないのは意志が弱いのではなく、体からのメッセージ

食欲が止まらないのは意志が弱いのではなく、体からのメッセージ

ダイエットをはじめたから、大好きなご飯やパンを減らし、おやつも減らし、揚げ物も食べない。

そうすると、するすると体重が減り、気を良くしてもっと減らす。

減らなければ、それはそれでもっと頑張らなきゃ!ともっともっと減らす。

こんなことが続くと、いつのまにか食欲が止まらなくなることがあります。
それが摂食障害です。

拒食と過食を交互に繰り返します。
たいてい、拒食のあとに異常な食欲が起こり、過食になります。

食欲が止まらなくなると、自分を責めてしまいませんか??

ついさっき食べたのに、もう何か食べたい・・

私って何て意志が弱いんだ!!!

ダメなやつだぁ〜〜〜〜。

・・分かります。
私もそうでした。

そんなことが起こる度に、「きっと前世で餓死したんだ。だからこんなに卑しいんだ、わたし。」
そう思ってました。

だけど、この食欲が止まらない というのは、決して意志が弱いから起こっているのではなく体からのメッセージなんです。

食欲が止まらないのは、体を司る司令塔が不具合を起こしている状態です。
この司令塔というのは、です。

脳が正常に働かなくなり自律神経の働きが乱れると、普段は難なくできる食欲のコントロールができなくなってしまうんです。

本来、人間は

お腹がすいていなければ食べない。

お腹がすいたら食べる。

こんな風にシンプルに生きていけるようになっているんです。

だけど、過剰なストレスや栄養不足などによって、この働きが低下し、食欲が止まらないという異常な状態を引き起こしてしまうんです。

私の場合は、

ダイエットで極端に減食したあと

ショックなことがあってご飯が食べられなくなり、かなり体重が落ちてしまったあと

こういうときに起こりました。

この、食欲が止まらない状態から抜け出すには、脳と自律神経からのアプローチが必要です。

巷では、異常食欲が起こるのは、過去のトラウマ、甘い物の摂りすぎ、などと言われることもありますが、それらを鵜呑みにして心療内科に通っても良くならないこともしばしばです。

もちろん、過去の傷が原因の場合もあるでしょう。
そのアプローチの前に、まずは生活をチェックしてみてください。

脳を安心させ、自律神経を整えるために食事や生活習慣を見直してみるんです。

食欲が止まらない!!

こんな衝動が起きた時は、まず抑え込まずにその通りに食べてください
それがたとえ健康やダイエットに反するものであっても。

これまでさんざん抑え込んだ結果の食欲なんだから、そのまま抑え続けても良くなることはありません。

脳と自律神経がしっかりと働く → 無理なく食欲コントロールができる → 我慢とは無縁になる → ダイエットが苦しいものではなくなる!!

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-続けられるダイエット
-, , , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー