続けられるダイエット

食事も運動もしっかりやっているのにダイエットが上手くいかないのは・・

食事も運動もしっかりやっているのにダイエットが上手くいかないのは・・

ダイエットしよう!と決心すると、食事内容を見直したり、運動をする、という人がほとんどではないでしょうか。

ダイエットとは、体重を減らすことではなく生活習慣を変えることです。

その生活習慣が本当に自分の「モノ」になってはじめて、リバウンドもなく、我慢することもなく、いい状態をキープできるようになるのです。

食事内容を見直す、運動をするのは基本です。

でも、食事も運動もがんばっているのに、ダイエット効果も得られず健康にもなれないという人がとても多いのです。
考えられる原因として、

・食事制限をしすぎて体に必要な栄養素が摂れていない

・今の自分の体力に見合った運動をチョイスしていない

こんな風にせっかく頑張っているのにうまくいかないと、ストレスから暴食し、ふりだしに戻ってしまう・・

食欲のコントロールというのも、ダイエットや体質改善には大事な要素です。

食欲コントロールを難なくするために必要なのは、食事、運動に加えて休養です。

ちゃんと眠っていますか?

まず、睡眠不足だと太りやすくなり、痩せにくくなります。
やっぱり本能に逆らうとダメなんです。

純粋に、夜遅くまで起きているとお腹がすいてしまい、余計に食べてしまう。というのもありますが、
ホルモンバランスが乱れた結果、食欲が増してしまうんです。

痩せるためには食事のコントロールが必須なので、ここでつまづいてしまいます。

睡眠不足だと、

食欲がわくホルモン「グレリン」が多く分泌され、

食欲を抑えるホルモン「レプチン」が少なく分泌される。

 

そしてもう一つ、睡眠に関わる大事なホルモンとして「成長ホルモン」について。

成長ホルモン
寝入ってから2〜3時間で分泌されるもので、別名若返りホルモンとも言われている。
細胞の修復、疲労回復に関わる。
ゴールデンタイム(午後10時〜午前2時)に睡眠が取れると分泌が促される。

若返り!特に女性には見逃せないワードですね〜。

成長ホルモン分泌のためのゴールデンタイムに反して徹夜や深夜まで起きている習慣のある人、そもそもの睡眠時間が短すぎる人は要注意です!

成長ホルモンが十分に分泌されないまま、「コルチゾール」(通常明け方に分泌され、目覚める準備を始める)が分泌されるとこれもホルモンのアンバランスになってしまうんですね。

コルチゾール
別名「ストレスホルモン」。
ストレス対処の働きをするが過剰に分泌されるとダイエットには悪影響を及ぼす。

コルチゾールの過剰分泌は、脳内ホルモンのセロトニンを減少させ、セロトニン不足に。

セロトニン
精神を安定させる働きをするホルモン。
別名「幸せホルモン」。

セロトニンは食欲を抑える働きがあるので、不足すると食欲コントロールが難しくなってしまう。

しかも、インスリンの働きも低下させるのでインスリン過剰にもなりやすくなり、その結果脂肪を溜め込みやすくなります。

何事もバランスが大事・・と言いますが、ホルモンバランスって本当に大事です。

ダイエットや体質改善のために、食事や運動をがんばっているのになかなか結果が出ないという人は、しっかり眠るようにしてください。

仕事や子育てなど、早寝が難しい人もいると思いますが、いつもより1時間早くベッドに入る。

まずはここからはじめてみましょう。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-続けられるダイエット
-, , , , , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー