成功するファスティング

ファスティングにも種類があります。何日間も食べないだけがファスティングではない!

ファスティングにも種類があります。何日間も食べないだけがファスティングではない!

ファスティングというと、何日も食べない苦行というイメージがありませんか?

ほんとに最近はファスティングがメジャーになってきていて、経験者も増えていますよね。
かつてのファスティングは、宗教的、修行的、政治的、病気治しというイメージが強かったけど、今日の断食とは、美容や健康を考えてのものにシフトしている印象です。

これは物が溢れて、豊かになった今ならではのものだと思います。

現代人は、本来食べていなかった物を次々と生み出し、それをパクパクと食べ過ぎているので、昔の人に比べるといろんなものを体に溜め込んでいます。
それらを出してあげることで、さまざま不調が改善されるんですね。

ファスティングは、すべての人にとって有効な健康法、美容法であると言っていいです。

飢餓と常に隣り合わせだった昔の人からしたら、自ら何も食べない日を作るなんて異様なことでしょうね。

そんなファスティングですが、やったことがない人からすると

何日も食べないなんて信じられない!

お腹がすいて力が出ないんじゃないか?

っていうか、一食抜くのも無理〜〜。

こんな声をよく聞きます。

どうしてもファスティングというと、数日間は続けてやるものだというイメージがあるみたいです。
ですが、ファスティングにも種類があるんです。

巷である酵素ドリンクや、野菜ジュースなどとともにやるファスティングだけがファスティングではないんです。

数日間、場合によっては5日以上続けるファスティングを通常(継続)ファスティングとするなら、断続的にやる方法があります。

間欠的ファスティング、なんて言われていますね。

ここでは統一して、

通常ファスティング・・1〜5日間など一定期間ずっと固形物をとらないファスティング

間欠的ファスティング・・食べる時間と食べない時間を生活スタイルに合わせて設定し断続的にファスティングをするスタイル

と、しましょう。

それぞれに特徴があるので、紹介します。

メリット デメリット
通常ファスティング デトックス効果が高い リバウンドのリスクが高い
回復食でしっかりとした食欲コントロールが必要
間欠的ファスティング 通常ファスティングに比べるとストレスが少ない
リバウンドのリスクが低い
デトックス効果がゆっくり、低い
長期間のアプローチになる

こんな風に、目的によってどんなファスティングスタイルを選ぶかが成功の鍵になるんです。

デトックス目的なら、通常ファスティングの方が良さそうです。

ダイエット目的なら、間欠的ファスティングの方がストレスの少なくリバウンドのリスクの低いでしょう。

ここで選び方ややり方を間違ってしまうと、プラスにならないばかりかマイナスにもなりかねません。

ネットで情報が簡単に得られるようになり、自己流でのファスティグにもチャレンジしやすくなりましたが、きちんとやれないと体へのダメージは思ったよりも大きいものなので注意しましょう。

ファスティングにチャレンジする前に習慣にしておきたいこと

普通のファスティングはもう古い?ファスティングの種類いろいろ

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-成功するファスティング
-, , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー