雑記

野草の手作り酵素を作ってきました。

こんにちは、fitmeの大井です。

つい先日、遠出をして野草の手作り酵素を作りに行ってきました。

実は手作り酵素を作るのは2回目なんですが、野草で作るのは初めてです。

手作り酵素って何?ですよね^^;

酵素とは

私たち生物の体内で働くタンパク質由来の触媒のことで、消化吸収、代謝、排泄など生きるために必要不可欠なもの。

熱に弱い。
48度以上の熱で壊れはじめ、70度を超える熱が加わると完全に失活してしまう

 

このように酵素は熱に弱いので、市販の酵素ドリンクのように加熱殺菌処理が
義務付けられているものだと生きた酵素を摂取するのは難しいんです。

ここで手作り酵素の登場というわけです。
手作り酵素は、自分で作る(採取、攪拌、発酵)ので加熱処理はもちろん行いません。

素手で攪拌するので、自分の常在菌が入りオリジナルの自分だけのマイ酵素
できるんですね。
自分の常在菌入りの酵素がやっぱりいいそうです。

 

息子を妊娠する前に、娘を連れて秋の手作り酵素を作って以来の酵素作りです。

秋の酵素は、季節の果物や野菜を購入して作るので採取はしません。
今回の春の野草の酵素は自分で、川辺などに行って野草を採取するところから
始まります。

今回はあいにくの雨、ガクガク震えながらの作業でした。

野草があるところを教えてもらい、そこでどんどん採っていきます。
道具などは使わずに、手でブチブチと引きちぎっていきます。

大きなザルに入れて軽く水洗い、重さを計ります。

野草を2〜3センチ位にひたすら刻み、

野草の重さの1.1〜1.2倍の白砂糖と混ぜ合わせていきます。

発酵補助剤も入れ、白砂糖で蓋をしておしまい。

ここから7〜10日間ほど発酵させてから、濾して出来上がりです。
この時に、

酵素さん、美味しくなってね〜

など、優しい言葉をかけてあげるといいと思います。
植物と一緒ですね。

 

今回採ったのは、

よもぎ(血液浄化)

すぎな(抗酸化)

カンゾウ(中和作用)

イタドリ(止痛)

ハコベ(血液浄化)

たんぽぽ(健胃)

あたりです。

自宅に帰ってから、庭にあるドクダミ(解毒)を足しました。

これから家族で毎日混ぜて、大事に育てていきます^^

 

秋の酵素は、私が愛用しているファスティングドリンクと似たお味でしたが
今回の春の野草酵素はどんなお味なのか・・?楽しみです。

最後に、講習会で教えてもらった数々の効果について紹介しておきます。

風邪をひかなくなった(免疫力アップ)

お通じがよくなった

肌や髪がきれいになった

朝起きるのが楽になった

シミが消えた

やけどがきれいに治った

がんの回復

出来上がったら、またご報告しますね。
飲むだけでなく塗布や調味、もちろんファスティングにも使えますので!

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー