続けられるダイエット

ダイエットしているのに過食が止まらない理由

ダイエットしているのに過食が止まらない理由

先日の記事で、どか食いは止めないでください、と書きました。

参考記事
どか食いをやめたいのにやめられない人はやめようとしないでください
どか食いをやめたいのにやめられない人はやめようとしないでください

続きを見る

過食衝動というのは、あなたの意志とは関係なく起こっていることです。

自分の意志でコントロールできないからこそ苦しいし、罪悪感や後悔がつきまとうんです。

過食というと、ちょっと病的な響きを感じる人もいるかもしれませんがそんなことは全くありません。
確かに、過去の強いトラウマなどの精神的な部分が影響して過食が起きる場合もあります。

ただ、それよりもまず疑うべきはこれまでの自分の生活そのものです。

過食が起こる原因として、

・過激なダイエット

・栄養不足

これらが考えられます。
この2つは1セットと言っていいかもしれません。

過激なダイエットでは、食べる量を過度に減らします。
そうすると、ダイエットをはじめたばかりの頃はするすると体重が落ちます。

こんな風に「はずみ」がつくとうれしくなって、さらに減らし、一気に体重が落ちます。

当然、活動のためのエネルギーも不足するので、栄養不足で体はフラフラです。
活動のためのエネルギーすら不足しているのに、体作りのために使うエネルギーや、運動をする余剰エネルギーなんて残ってないです。

一気に体重が落ちると、体には自分を守る作用があるので(恒常性やホメオスタシスといいます)、

もっと食べろ!!

と、強い命令を出し、体を省エネモードにします。

この食べろ!!の命令は、生きるために体が必死に出すものなので抗うことは不可能です。

なので、ダイエットのためだったかどうかは別として

むやみに食事を抜いてこなかったか

まずはこれを考えてみましょう。

食べていたとしても、市販のクッキーなどのお菓子類で済ませることはなかったか。

ファストフードやお菓子、菓子パンなどは、カロリーだけはいっちょまえに高いですが、肝心の栄養はスカスカです。

食べていたとしても、「足りない」状態があります。

エネルギー(カロリー)は十分すぎるほどに足りているけど、栄養が足りていない状態ということ。

何も、毎日毎日30品目を意識した食事でなくていいんです。

体を安心させるための食事にはポイントがあるんです。
そのポイントから外れていると、徐々に食べたいものが高カロリーなものやジャンクなものになっていきます。

それが進むと、どか食い、いわゆる過食につながり、もっと悪いとそれに嘔吐がついてきます。

過食になりやすい人の食事例です。

・菓子パンで一食が完了

・ヨーグルトとフルーツだけ

・スムージー

・厳格な糖質制限

あきらかに栄養不足だとわかるものもあれば、一見ヘルシーだったり、流行りのダイエットものもありますね。

こういった食事を1回や2回したくらいでは、過食が止まらなくなることはありません。
恒常性が働くので、ちょっとくらい食生活が乱れても体は調整してくれるはずなんです。

その機能がちゃんと働かないということは、一定期間そんな生活が続きバランスが崩れているということなんです。

よかれと思ってはじめたダイエットやヘルシー食で、思わぬ不調を招いている可能性もあります。

過食が止まらない、という人はこれを機に自分の食生活、ダイエット歴を振り返ってみてください。

その中にヒントがきっとあります。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-続けられるダイエット
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー