運営者プロフィール 雑記

健康オタク、ダイエットジプシーな私の遍歴②〜健康への目覚め、ある薬剤師さんの言葉〜

こんにちは。

体質改善サロンfitme主宰 大井潤子です。

健康オタク、ダイエットジプシーな私の遍歴を書いています。

前回は、

①不健康ヤセ子時代

今日はその続きです

************************

カナダでフラフラしている時に、父が急逝。

仕事なし、お金なし、喪失感でいっぱいだった私でしたが、

ポンコツのわりに、ひとつだけ取り柄(?)がありました。

それは、

あきらめの悪さ

小さい頃から英語に触れてきたのもあって、海外への憧れが強く、勉強も英語が一番すきでした。

だから、英語を使った仕事をしたい。という思いがずっとあったんです。

だけど、地元福岡だとそのチャンスは少ない。

だから、東京に戻って仕事を探したい。

どうしてもこれがあきらめられなかった。

仕事もお金もなく、父にもう二度と会えないさみしさ。

そんな中でも、

 もう一度東京に戻る。

 そのためにまず働く。

そうと決めたら即行動、ということで

地元で派遣社員として某放送局での職を得ます。

それだけでは時間がもったいない!ということで、バイトもしました。

上京費用のためにとにかく働いて・・その間本当〜〜〜に何も買わなかったし、
遊びにも行かなかった。

でも、やっぱり25歳。

すごく辛い時間でしたね・・
ただ働くだけの毎日で、何っの楽しみもなかったんで。

そのせいか、湿疹が前よりよく出るようになり、

カナダ留学前に発症した持病も、ひどくなってしまいます。

タバコも吸っていたので、喉はいつも焼けたように痛い。

でもその時もまだ病院通いが趣味みたいな私で、皮膚科を渡り歩き、薬で何とかしようと
生活を変える気は一切なし。

働きすぎで、休日は昼過ぎまで寝つづけるような相変わらずのポンコツ。

そんな中、顔にぽつんとできた湿疹が薬を塗っても治らなくなります。

いつも通り、ステロイドを塗って、一旦ひいたように見えても、またできる。

強い薬に変えても、だめ。
そんな不調を抱えつつ、働き通して約1年。

東京へ戻る資金を用意できた私は、引越しを決めます。
いろいろあったけど、何とか仕事を決め、会社員生活がはじまります。

忙しくする中、顔の小さな湿疹に加えて今度は
首の後ろが瞬く間に湿疹だらけになります。

ロングヘアだったのでいつも長い髪で隠していましたが、とても首を出せる状態でなく

ガサガサのかゆかゆで、まるで象の肌のよう。

忙しいを理由に、外食や中食が続いていたのも悪かったんでしょう。

東京で仕事を得て、これから・・というのに

いっこうに治らない顔の湿疹

象状態の首のうしろ

アレルギー性鼻炎

疲れやすい、朝が起きられない

がんばりたい心とは裏腹に、体は悲鳴をあげていました。

・・・・・・・・・・・・・・・これはまじでやばい。

そこである人との会話を思い出します。

まだ福岡で東京に戻るために働き詰めだった頃。

いつものように薬をもらいに訪れた調剤薬局で出会ったおじいちゃん薬剤師さん。

「野菜、食べてる?」

「いや、あんまり食べられてないかもしれません。」

「野菜をたくさん食べるようにしなさい。」

それまで、さんざん薬に頼ってきて、それに何の疑問も持ったことのなかった私だけど
その言葉をふと思い出したのをきっかけに

薬では本当の解決にはならない。

食べ物を変えて、根本から体を変えたい。

初めて本気でそう思ったのです。(遅)

それまで、真剣にそんな風に考えたことはなかったんです。

そこから私の健康に対する探求が始まりました

・・続きます

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-運営者プロフィール, 雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー