アレルギーを治す方法 冷え性を治す方法 毒を溜めない食事 続けられるダイエット 美肌のためのケア方法

高額なアレルギー検査は不要!アレルギー予防と改善のための食べ方とは

高額なアレルギー検査は不要!アレルギー予防と改善のための食べ方とは

花粉症のピークはもう過ぎましたが、最近は年中鼻をすすっている人をよく見かけます。

アレルギーというと、何か特定のものに対して強く反応が出ているんだから、検査をしてそのアレルゲンを避ければいいのでは?とアレルギー検査を受ける人が増えているそうです。
実際、私の周りでも受けた人がいて、その話はよく聞いていました。

アレルギー検査といっても、即時型と遅延型の2種類があります。

即時型アレルギー検査・・食べてすぐ口の中がかゆきなったり、ひどい場合はアナフィラキシーショックなどの重篤な症状を起こすアレルギー反応について調べる。数千円で検査可能。

遅延型アレルギー検査・・すぐにアレルギー反応が出るわけではないけど、長期間摂取し続けることによってじわじわと体に影響を与える可能性があるものを調べる。クリニックによるが基本的に高額、カウンセリングは別途追加料金がかかったり、サプリメントを勧められることも。

最近は、検査キットなるものが売られていて郵送でのやりとりで比較的リーズナブルなものもあるようです。

注目されているのは、遅延型のフードアレルギー検査のほうですね。

ただ、この遅延型アレルギー検査、そんなにお金をかえてまでやらなくてもいいのでは??というのが私の考えです。
検査項目がかなり多いので、自分では気づけなかったものに反応があったり、ひとつの目安にはなるでしょう。
綿密な体作りを要求されるような、例えばアスリートの方などにはいいかもしれません。

定期的に受けて、体をしっかり変えていく!!
という気持ちがないのなら、ちょっともったいないお勉強代だなという印象です。

私が遅延型アレルギー検査をおすすめしないもう一つの理由は、

自分の好きなものにアレルギー反応が出ることが多いから。

どうして、自分の好きなものにアレルギー反応が出るのかというと、

好きだから、よく食べるから。

よく食べるものが体内で蓄積した結果、高い数値が出るんです。

遅延型アレルギー検査を受け、結果が出ると、当然アレルゲン食品は一定期間除去することをすすめられます。

完全除去は、だいたい3ヶ月〜半年くらい。
その期間が過ぎたら、徐々に食べていきます。
この間にしっかり除去できれば、たいていの人が体調がよくなるのを実感するようです。

つまり、遅延型アレルギー検査の結果は頻繁に食べるものに強く反応し、しばらく食べていないものにはあまり反応しないということ。

例えば、長いことお肉を避ける生活をしていたとします。
そういう人が遅延型アレルギー検査をすると、お肉に反応することは少ないです。

お肉を食べている頃に検査をしていたら、もしかしたら強く反応をしたかもしれませんが、長い期間避けていた(除去していた)結果、お肉にアレルギー反応を起こさなくなった、という可能性があるのです。

こんな風に変化するものなんですね。

これが、私が体質は変えられる!という理由のひとつでもあります。

高額な遅延型アレルギー検査を受けず、アレルギーを予防し、改善するためにできることは同じものばかり食べない。いろんなものをローテーションで食べる。

これに尽きます。

好きだから、朝はこれだから、楽だから。
なんだかんだと、ひとつの食品ばかりを摂り続けている人が多いんです。
しかも、同じメーカーの同じ味、毎朝毎朝・・とか。

こういうことを続けていると、その食品にもともと反応を起こす体ではなかったのにいつしか、その食品が体に悪い影響を与えるようになる可能性もあるのです。

特に気をつけたいのは、タンパク源です。
肉、魚、豆、牛乳、乳製品、卵、小麦も注意です。

要は、おかずはローテーションでいろいろ食べましょう!ということです。

参考記事
マクロビオティックで不健康になる?マクロビ実践者が語るその危険性について
マクロビオティックで不健康になる?マクロビ実践者が語るその危険性について

続きを見る

こちらの記事で書いたマクロビは、タンパク源が大豆に偏りやすいので、その点でも心配です。
いろんな種類のものを、ローテーションで食べることによって、栄養の偏りを防ぎ、アレルギー予防、改善にもなるのです。

ひどいアレルギー症状がある場合は、一定期間除去してみるのが早い場合もあります。

アレルギー検査をせずして、体を手っ取り早く変えたい!という人は、

卵、乳製品、小麦

これらを3ヶ月〜半年くらい、お休みするのも手ですね。

卵、乳製品、小麦 は今やアレルゲンにもっともなりやすい食品です。
ただ、これは「覚悟」ができる人に限ります。

経験上、たいていの人が好きだからやめたくない。って言うんですよ。

そういう人には、好きなものをやめず、アレルギー予防、改善になるような食べ方のアドバイスもするようにしています。

定期的な検査、除去食がやれそうなら、遅延型アレルギー検査もいいでしょう。

手っ取り早くやるなら、卵、乳製品、小麦をお休みしてみる。

のんびりやるなら、ばっかりメニューだったのをローテーションメニューに変えてみる。

自分に合った方法から試してみてください。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-アレルギーを治す方法, 冷え性を治す方法, 毒を溜めない食事, 続けられるダイエット, 美肌のためのケア方法
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー