糖質制限ダイエットの成功と失敗

人気の糖質制限ダイエットが激しいリバウンドをしてしまう理由

人気の糖質制限ダイエットが激しいリバウンドをしてしまう理由

糖質制限ダイエットは、まだまだダイエット界では中心にあると感じます。

テレビや雑誌、書店のダイエットコーナーに行けばそれらしい情報が簡単に得られますよね。

糖質(炭水化物)=太る

このイメージがいつからか、私たちの頭に強く根付いていて、医者をはじめとする専門家がこぞってその効果を発信し続けているからでしょう。

実は糖質制限というのは何もここ数年に新しく考えられたダイエット法ではありません。
名前を変えて、その昔からあったものです。

1970年頃、ロバート・アトキンスという人が提唱したアトキンスダイエットも言ってしまえば糖質制限ダイエットです。
こんな風にダイエットにはブームがあるんですね。

ともかく、今は糖質制限がまだまだ主流です。
カロリーオフ商品と並んで、糖質オフの商品もずいぶん増えました。
印象的な音楽と、モデルのBefore After で有名な某ジムの広告効果も強いと思います。

あのCMを見たら、二ヶ月であんなに変われるんだ!と飛びつきたくなりますよね。

もうご存知の方も多いだろうけど、あのジムはハードなトレーニングと厳格な糖質制限による食事のコントロールで結果を出しています。

体を作るタンパク質は一切制限せずに、米、パン、じゃがいも、スイーツなどの糖質をとことん排除して、筋トレと合わせることで筋肉の減少を抑えて健康的なダイエットを!

といううたい文句です。

ダイエットを続けていくためのコツのひとつは、もともといた快適な場所から突然飛びださないことです。

糖質、お米、パン、麺などの主食が嫌いでずっと食べないで生きてきた、という日本人はまずいないでしょう。

筋トレも、ずっと継続的にやっている人ならともかく、重りをつけてのウェイトトレーニングにどれだけの人が慣れ親しんでいるか。

ダブルで、これまでの自分にとって未知のゾーンに切り込んでいくわけです。

筋トレの経験がある人はわかると思いますが、トレーニングははじめた当初が一番きついです。
筋肉痛が強く出るので、階段だけでなくただ歩くだけでも辛い、みたいな状況になるわけです。

そこへきて、体の大事なエネルギー源である糖質をいきなり抜くので力が出ない
傷ついた筋繊維のリカバリーもうまくいかない。

こんな辛いのに、どうして2ヶ月間がんばれるかというと、それは

大金を払っているから。

自分一人でおなじことをやって、乗り切れる人はいません。
あれだけの金額を払っているからこそ、本気になれるんです。

誰だって損はしたくない、元とりたいですもん。
そんなこんなで、結果は出せた。

だけど、その大金をずっと払い続けて本当に自分の生活の一部(習慣)に落とし込める人は少ないはず。

大好きだった、カレー、ラーメン、話題のパン・・こんなものを一口食べた途端タガが外れたようになって、食べてしまう。

一回こっきりならまだしも、ずるずる続いてあれよあれよと言う間にリバウンド。

某ジムは決してあなたを騙してはいません。

約束通り、結果にコミットはしたから。

彼らは結果にコミットするとは言ったけど、一生太らない体になる、リバウンドしないとは言ってないです。

これは某ジムあるあるで、私の周りでも2ヶ月で15キロ痩せて、20キロ太ったとかザラです。

ダイエットに過剰なストレスは禁物です。

好きな食べ物を我慢し続ける

嫌いで辛い運動をやる

これは、人にとって思った以上のストレスです。
ストレスが大きければ大きいほど、激しくリバウンドします

結婚式などのイベントのために・・だとか、何か特別な理由でその時だけかっこよく、キレイでいたい、あとは戻ってもいい。
こんな事情なら、割り切ってやるのもいいかもしれません。

ダイエットに限らず、健康や美容のために体を根本から変えていきたい場合、食事と運動のバランスは大事です。

だけど、先で書いた通り、いきなり未知のゾーンに飛び出すと失敗します。

運動経験のない人がいきなり激しい筋トレをする

毎日スイーツを好き放題食べていた人がいきなりやめる

忙しいのにジムに毎日行くと決める

などなど・・

この未知のゾーンは、人それぞれ違います

ということは、他人のアドバイスを聞いて、その通りにやってもうまくいかないってことです。

だから、そこを見極めてはじめないと某ジムと同じ、短期間だけなんとか結果をだしてすぐにリバウンド・・・という結果になる人が出てきてしまうんです。

自分の経験にだけ基づいて、アドバイスをしてくれるトレーナーやダイエットサービスには気をつけてください。
自分にたまたま合ったやり方を押し付けてくるなら、それは危険な選択です。

そして、もし厳しい糖質制限ダイエットをやるなら、

一生糖質を摂らない、

食べたとしても、かなり少ない量にする、

こう決心できないならやらないほうがいいのです。

日本人にとって、主食=糖質を断つという行為は、間違いなく多大なストレスなのでその分激しいリバウンドにつながる可能性が高いです。

短期間で結果が出た分、体への負担も大きくなるのでチャレンジする人は心してかかってくださいね。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-糖質制限ダイエットの成功と失敗
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー