毒を溜めない食事

白砂糖は麻薬と同じ?白砂糖よりも甘いもの中毒を引き起こすもの

白砂糖は麻薬と同じ?白砂糖よりも甘いもの中毒を引き起こすもの

先日の記事で、白砂糖が体にいいのか悪いのかについて書きました。

参考記事
最近よく言われている白砂糖の害。本当に白砂糖は体に悪いのか?
最近よく言われている白砂糖の害。本当に白砂糖は悪いのか?

続きを見る

私は白砂糖を以前ほど、悪者扱いしなくなりました。
自分でお料理をするので、砂糖でもどんな商品を選ぶかは自分なりの選ぶポイントはありますが・・

小学校の頃、保健室の前に清涼飲料水にどれくらい砂糖が入っているかを買いたポスターが貼られていたのを今でも覚えています。

白砂糖の害が広まるようになってから、食べ物に入っている糖質の量を白砂糖の量に換算した表のようなものも目にするようになりました。

以前は、

こんなに白砂糖が入ってるんだ!こわ〜〜!!

と思っていました。

だけど、今は白砂糖うんぬんの問題ではないとはっきりと言えます。
もちろん、白砂糖の摂りすぎは良くないでしょう。

それは、白砂糖に限らず何を食べても同じ。
そもそも、白砂糖をそんなに大量に摂ることは難しい

白砂糖は、本当にさまざまな食べ物に入っています。

例えば、清涼飲料水。
甘いジュースが好きな人は、水分補給代わりに摂っている人もいると思います。

この清涼飲料水は、私が小学校の頃保健室の前でよく見ていたポスターのように白砂糖の害の代表的なものとして話題にあがるものです。

今でこそ、ペットボトルで売られている甘いジュースは一切飲まない私ですが子供の頃は良く飲んでいましたね。

某メーカーの清涼飲料水の代表的なものの原材料です。

オレンジジュース オレンジ、砂糖類(果糖ブドウ糖液糖、砂糖、ブドウ糖)、酸味料、ビタミンC、香料
黒い炭酸飲料 糖類(果糖ブドウ糖液糖、砂糖)、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
スポーツ飲料
砂糖、果糖ブドウ糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止(ビタミンC)

この3つは、昔からあって、いまだに人気のある商品です。

原材料を見て分かるように、甘味料として使用されているのは砂糖だけではないんです。
他にも食品添加物だらけですが、それは今回本題ではないので・・

果糖ブドウ糖液糖

これが、世の中にある甘いものには砂糖とともに大量に使われています。

この果糖ブドウ糖液糖、名前からして何か自然なものだと思っている人も多いようですが、この果糖ブドウ糖液糖こそ、砂糖よりもあなたを甘いもの中毒にする犯人なんです。

果糖ブドウ糖液糖、別名高フルクトース・コーンシロップや異性化糖とも言われるもの。

果糖ブドウ糖液糖
ブドウ糖と果糖を混ぜた液体で、とうもろこしやいもなどのでんぷんから作られる。
果糖を多く含み、原料となるとうもろこしは遺伝子組み換え技術により大量生産が可能。
砂糖よりも安価な甘味料の代表。

まず原料に不安があるということ。
そして、この果糖ブドウ糖液糖の何があなたを甘いもの中毒にするかというと、果糖の性質です。

果糖とぶどう糖は、代謝の過程が違います

・ブドウ糖
小腸から吸収され、血液にのって全身に運ばれ、素早くエネルギーになり、余った分は貯蔵されて、必要なときにまた使う。

・果糖
ほとんどが肝臓で代謝されるので、血糖値は上げにくいけど余剰分は脂肪として蓄積しやすい

ブドウ糖は血糖値を上げてくれるので満腹感を感じやすいが、果糖は満腹感を得にくいんですね。

だから、また欲しくなる。

砂糖も、果糖とブドウ糖からできているけど、その分子はくっついていて代謝されるときに分かれます。

だけど果糖ブドウ糖液糖は、はじめから分かれているので分解の必要がなく、結果的に血糖値をかなり上げます。

果糖はその特徴通り、肝臓ですぐに代謝されるので、脂肪にすぐなってしまう。

こんな風に、果糖ブドウ糖液糖は血糖値をどんと上げる上に、満腹感も低く、またすぐに甘いものが欲しくなり、依存性を高める原因になるものなんです。

白砂糖を恐れるよりも、この果糖ブドウ糖液糖が体に及ぼす影響に目を向けてみてください。

とうもろこしやじゃがいもが原材料なので、天然の甘味料と言われているけど、だったら私は白砂糖をシンプルに使っているスイーツを食べます。

そして、上記のジュースたちは食品添加物もダブルで入っているのでそれらがタッグを組んだ場合の体への影響は全く解明されていないんです。

甘いもの中毒かも・・そう思う人は、白砂糖だけでなく

普段何気なく買って飲み食いしているものに果糖ブドウ糖液糖が含まれていないかを見てみてください。

清涼飲料水はその代表だけど、それらに限らず調味料(ケチャップやソース)にもかなり使われるんですよ!

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-毒を溜めない食事
-, , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー