雑記

体質改善、ダイエットと授乳の関係。おっぱいが詰まらず、サラサラの母乳で快適な母乳育児をする。

こんにちは、fitme主宰の大井潤子です。

先日親子でひいた風邪の名残で、鼻が全く効かない私です・・

鼻水がタラタラでるわけではないけど、
奥のほうが何だかジュルジュルしていて、
匂いがしない・・

こうなってみて改めて思うのが、
鼻が効かないと、味覚も鈍り、その結果食欲が増える。
(逆に減る人もいるかも)

五感のひとつが奪われているわけだから、当然といえば当然ですね。

美味しいものをせっかく食べても、香りを楽しめないから

味わいも半減

満足感が低い

物足りないから何となく食べる量が増える。

・・という。
早く解放されたいです。

 

今日はふと思い出した授乳について。

授乳に関係がない人も、ダイエットや美容健康に関係がある内容なのでよかったらぜひ。

(注、私ではありません。)

私は丸2年、母乳育児をしてきました。

娘は本当におっぱい大好きで、何かある度にちゅーちゅーしてました。

その間、いろんなことがありました。

おっぱいがたくさん出るタイプだったので、
少しでも授乳が空くと、カチカチパンパンになる。

合わない食べ物を食べると、つまる。

洋服がビシャビシャになるなんて、しょっちゅう。

とてもじゃないけど、母乳パッドなんかじゃ足りない。

やめてしまった今は、それらもいい思い出だけど、それはそれは大変な日々でしたね。

きっと多くのママが、

おっぱいがつまらず、いいお乳が十分に出る

こうありたいと思っているのではないでしょうか。

私は自分の経験から、

母親の食生活と母乳は密接な関係がある

と、断言します。

ある女医さんは、母乳と母親の食べたモノの因果関係は無い。
とおっしゃっていましたが、、。

食べたものによって母乳がつまる、サラサラになる。
こういうことを経験してきました。

それもそのはず、母乳は乳白色だけど血液成分ですから。

赤色の血液成分は、乳汁の製造過程で取り込まれないので白いけど
原料は血液なんです。

ご存知の通り、血液は食生活によって変わります

運動習慣のあるないも、関係していますが
どんな食事をしているかはかなり影響します。

根本的に変えたい・・と考えた場合3ヶ月くらいは要するそうなので
やはり体質改善と同じで

普段から血流がスムーズに流れるような
食生活を意識するというのは大事ですね。

実は血液循環をスムーズに保つ・・というのは
ダイエットでもとても大事な要素です。

圧倒的な運動不足、

乱れた食生活

では、いい状態を保つことは難しいのです。

要は、ママがいい体の状態を保てるような生活習慣を意識することが
大事ということです。

自分の中で、
これは詰まりやすい、これはサラサラしていい。

ちょっとした指針はあるのですが、

個人差などもあると思うのでここでは詳しく書きません。

ひとつのヒントとして。

脂肪分の多い食事を控える。

これ、大事です。

人によって、

お肉がどうとか、

乳製品がどうとか、

パンがどうとか、

色々言う人がいますが、

脂肪を控えたものであれば、そんなにおっぱいのつまりには繋がらない

と、考えます。

これはfitmeの体質改善プログラムでもお伝えしていることと、
リンクすることです。

アレルギー改善、アトピー改善、ダイエット・・

これらの根本的な解消として、有効なのが
油の過剰摂取に気をつけることです。

世間でダイエットというと、糖質制限が主流で

炭水化物=悪者

とよく言われていますが

炭水化物と油のコンボがキツイ。

んです。

断乳するとき、お風呂は入らないほうがいいと言われますね。

これはなぜかというと、お風呂に入って温まると
(止めたいのに)出が良くなってしまうから。

これも、母乳と血流の関係性を物語っていますね。

だから、良いお乳を出したいなら

体がよろこぶ食事をし、

血流がアップするような生活

をするといいんです。

運動習慣がないと、どうしても血管力が低いですから
詰まりの原因のひとつにもなり得ますね。

だから授乳中は、脂肪分を控えることに加えて、穀物をしっかり摂りましょう。

穀物は体に負担がかからず、すみやかに
体のエネルギーになってくれます。

私は過去、授乳中にもかかわらず、

食事を極端に減らし、

激しい筋トレをしたら、

ぶっ倒れそうになったことが何度もあります。

これを読んでくれているあなたは、くれぐれもそんなバカなことはせず
健やかな授乳ライフにして欲しいです。

 

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー