毒を溜めない食事

果物は太らない。でも太る摂り方がある。

果物は太らない。でも太る摂り方がある。

先日の記事で、果物が太るか太らないかについて書きました。

参考記事
果物は太るのか太らないのか
果物は太るのは太らないのか

続きを見る

果物に限らず、食べ物自体に太る性質がある、とかじゃないんですね。
なんでも摂り方によって、体への影響が変わるだけなんです。

太る = 体に負担がかかっている

こう考えてください。

果物は、そのほとんどが水分です。
あとは、食物繊維と糖質、微量栄養素(ビタミンやミネラル)で構成されています。

果物に含まれる糖質は、果糖とブドウ糖。
だから自然な甘みを感じられるんですね。

果物を食べると、果糖は肝臓で、ブドウ糖は素早く体のエネルギーとなり、使わない分はグリコーゲンとして蓄えられます。

だから、運動前のエネルギー源に向いているんです。

果物の中で、バナナは太る。なんて言われていますが、ブドウ糖が多く含まれていて、すぐにエネルギーになるものなんですよ!

ブドウ糖が多いのは、バナナのほか、ぶどう、あんず

果糖が多いのは、ぶどう、りんご、さくらんぼ

これらの果物は、糖質が多いから太る。と思われているんでしょうね。
果物は、その摂り方を考えれば太るからと恐れる食べ物ではありません。

では、どうして 果物は太る!と思われているのか。

それは、果物を加工してできたものを摂った場合と混同されているからです。

その代表的なものがフルーツジュースですね。
100%のものでも。

一般的なフルーツジュースというと、コンビニなどに行くと各メーカーが色んな種類のものを100円前後で売っているアレです。

ペットボトルなどで売られている清涼飲料水より、体にいいと思ってあえて選んでいる人もいるのではないでしょうか。

国内で売られている100%フルーツジュースは、そのほとんどが「濃縮還元」です。
濃縮還元とは、製法のことです。

メーカーは、果物そのものを輸入して工場で生産するようなコストのかかるようなことはしません。
じゃあどうするかというと、

海外で果物を加工

  ↓

水分を抜いたペースト状にする

  ↓

そのペーストを輸入

  ↓

その謎の果物ペーストに、国内で水分を足して100%フルーツジュースとして売る

しかも、その果物がどんな風に栽培されているのかわからないですし、そんな風に作られたジュースでも国内製造と表示していいことになっています。

そして、よくよく商品を見ると、原材料として「香料」が添加されていることも。

原材料には、香料という1つの文字だけですが、食品添加物は数種類加えられていても、同じような効果のものならひとまとめに1つの表示でいいことになっています。

そして、数種類の食品添加物をまとめて使用した商品を長期的に摂り続けた場合にどんな影響が体にあるかは全く未知なんです。

そんな得体の知れないものを日常的に摂るって怖くないですか??

そして、加熱殺菌もされているので、その栄養素はほぼ死んでいると思っていいです。
有効なビタミンCなどは、ほぼ入っていません。

栄養がどうとか、原材料の果物の農薬のリスクがどうとか、そんな問題を越えて、それだけ人工的に手を加えられているものが100円程度で売られていることに疑問を持ってほしいのです。

例えば、スーパーに行けばりんごなら1個100〜150円で売られています。
それを買って、自分で皮をむいて食べたほうがはるかに体にプラスになるってことなんです。

健康のためにと、わざわざお金を出して、日々の食事に加えるようなものじゃないんです!

果物は太る、こんな心配をするなら
フルーツもどきジュースではなく、果物を丸ごと食べるようにするといいです。

そして、どうしてもジュースが飲みたいなら、

自分で絞るか、国内産のストレートジュースを選んでください。

ミキサーや低速回転のジューサーを使って、自分で絞ったジュースはすごくおいしいですよ^^

また、ストレートジュースは余分な水分が添加されておらず濃縮還元のジュースとはまったく違う味わいです。

その分お値段は、濃縮還元ジュースのように100円よりもお高くなりますが質の良いものを少量摂る、という考え方は根本から体質を変えていくのに大事なので覚えておいて損はないです。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-毒を溜めない食事
-, , , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー