雑記

外食が多い人の体質改善ダイエットにおけるもっとも大切なルールって?少しのことで翌日の体が変わる!

こんにちは、fitmeの大井潤子です。

実はここ1週間、

いつも快便なはずの娘のお腹の調子がイマイチでした。

お腹以外は元気そのもので、

心配してたけど治ってよかった。

下痢って、やっぱり体に負担がかかるみたいで

少し体が小さくなってしまったけど、

その分を

取り返すようにモリモリ食べています。

 

さて今日は、外食の多い人の体質改善ダイエットについて。

どう〜しても外食が減らせない人って、いると思います。

話を聞くと、

料理ができない

多忙で時間がない

外食のほうがおいしい

率直に言いますが、

外食が多い人のダイエットは、

自炊できる人のダイエットより難しいです。

これはもう、シンプルにそうなんです。

だから、いろいろ理由はつけてしまうだろうけど

作ったもの(自分でも家族でも)を

食べられるなら、それに越したことはないです。

とはいえ、

仕事でずーーーーっと外にいるとか、

激務中の激務とか、

そういうどうしようもない場合もありますよね。

なので、外食するときにぜひ参考にしてほしい

簡単なルールを。

1、チェーン店より個人店

2、油を(あまり)使わない料理

チェーン店より個人店、これは

メルマガでも書いたことがあるんだけど

とても大事なこと。

さっきも書いたように、お家でのご飯よりも

外食はどう〜〜してもヘヴィーになりやすいんです。

味付けもこってりだし、

材料の仕入れ、下処理、もろもろの観点から

ヘルシーとは言いづらいの。

だからこそ、

大手のチェーン店のように、

たくさんの人の手がかかっているものより、

個人店で

仕入れ、仕込み、調理、、までを

お店が責任を持ってやっているところのほうが

安心です。

いまって、個人の定食屋さんってなかなか

見かけなくなったけど、

もし職場の近くにあったらラッキー!です。

そして2つめの、

油をなるべく使わない料理。

これを意識できるだけでもかなり違いますよ。

例えば、定食屋さんに行ったとして

メニューには、

唐揚げ

とんかつ

豚の生姜焼き

焼き魚

などなど、王道メニューが並んでいる。

この場合、

焼き魚 → 豚の生姜焼き → とんかつ → 唐揚げ

この順番で油の量が少ない。

焼き魚を選ぶと、体への負担が少なくてすみます。

最近のダイエットは、糖質制限型が主流だから、

ご飯やパンさえ控えれば、、、って

思っている人が多いけど、そんなことはないんです。

3大栄養素

糖質、タンパク質、脂質

この中で、一番消化が悪いのは脂質です。

外食で油が多く使用される理由、

それは、

油を使った方が、味がごまかせて、リッチに仕上がるから。

そして、その多量に使われている油の質は

とても上質とは言えない場合がほとんど。

さらに、甘いものが好きで

〆にデザートを食べるのが習慣の人なら・・・・

甘いものと油のコンボは、

もっとも消化に負担がかかり、

ダイエットを停滞させる

ので、ご注意。

この時期、忘年会などで外食が増えますよね。

お店選びが自分でできない時もあるでしょう。

それでも、目の前に並ぶ料理の中で

何を食べるのかの

選択権は自分にあるはず。

生ものや、グリルしたものを優先的に食べて、

揚げ物には手をつけない。

週に何度もお付き合いがある・・という人は

意識してみてください。

ただでさえ、リスクの多い外食。

どうしても避けられないのなら、

その被害を最小限に抑えられるように意識してみてください。

なるべく個人店を選び、

油を控える。

これだけでも、翌日の体の軽さが変わってくるはずです。

あとは、本当に外食ばっかり!という人は

サプリメントを飲んだほうがいいです。

実際にお話した人には、おすすめを教えたりもしてます。

生活改善をしようと思った時に、

いまの自分にとって

とうてい無理なルールを課す必要はないです。

だけど、できそうなこと、変えられそうなことから

やってみてほしいな。

今の自分に無理なく簡単にできること、が合言葉です。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー