雑記

マクロビオティックに傾倒し、実践していた私がマクロビをやめた理由。玄米菜食では美しくなれない話。

こんにちは、fitme主宰の大井潤子です。

朝晩がだいぶ涼しくなり、秋が深まってきましたね。

来週はいよいよハロウィンですが、

ハロウィンってこんなに日本に

浸透してたっけ??

ここ数年、渋谷での盛り上がりなどが

テレビなどで取り沙汰されてるけど・・

私がカナダに住んでいた2005年、

電車内をはじめ、街のどこそこで仮装した人が

たくさんいて、

さすが海外だな〜!!

って思ってたけど、

今や日本もハロウィンでの仮装が

当たり前?になりましたね。

そんなにハロウィン興味なかったけど、

こどもが楽しそうにしているのを見ると、

まぁ、こういうのもいいのかな、なんて

思ったりしてます。

 

さて、今日はマクロビオティックの話です。

最近は健康意識が高まっているし、ナチュラルとか、

オーガニック、

っていうのも注目されているので、

知っている人も多いであろう、マクロビオティック。

通称マクロビ。

ヨガのインストラクターをしていると、

菜食

玄米食

お酒飲まない

お肉食べない

マクロビ実践

こういう人が周りに結構いたりします。

かくいう私も、マクロビにはまって

実践していた時期もありました。

マクロビオティックとは、

基本理念として、

一物全体

身土不二

陰陽調和

があり、

詳しい実践法としては

動物性タンパク質を避ける(白身魚は時どきOK)

白砂糖不使用

全粒穀物をはじめとする、未精製食品推奨

アクをとらずに調理・・

など。

もともとは、

近年の日本のマクロビといえば・・の

久司道夫さんの

著書を読んで、

その体と心への影響もろもろの考察が面白かったのと、

当時は体質改善のために、自己流菜食を

していたので

ピタっと、はまったというわけです。

だから、私の場合は

もともと体質改善のために菜食を

やっていたところに、

マクロビが入ってきた・・という感じ。

もっというと、

菜食をはじめる数年前から、玄米食も

していたので

玄米を食べて、なるべく野菜を多く食べ、

動物性タンパク質をとる・・

というのに、何ら抵抗がなかったのね。

ともかく、そんなこんなで

なんちゃっての

玄米菜食生活をしていた私・・

その時はもう、

マクロビ最高!素晴らしい食事!!

って思ってたので、

それ以外は考えられない!!!

って感じだったなぁ(単純)

自分が勝手にやる分には自由なんだけど、

人って、人ってさ、、

自分がいいと思うものを人に勧めたくなる

生き物じゃないですか。

その気持ちがピュアであればあるほど。

・・だから、軽くウザイ人に成り下がってたと思う・・

啓蒙、とまではいかないまでも。

だし、

心のどこかで

お肉を食べること(人)を否定する気持ち

あったかなぁ、と。

んで、意地でも玄米食べようとするし、

ベジタリアンメニュー選ぼうとするし、

砂糖がどうだとか、

無農薬がどうだとか、

うっせーーー!

奴でもあった。

不自由、めっちゃ不自由。

融通のきかない人。

これじゃないとだめ。

こうしないとダメ。

この考え方は、自分の世界をすごく

狭くする。

だから、振り返ると、精神的な部分での

自分や他人との対立がすごかったな〜、と。

だけど、よいこともあって。

プロフィールでも触れたけど、

長年のアレルギー性鼻炎なんか、ほんとにすぐ

治ってしまった。

今は、その頃に比べると体質改善に関して

もっと深い知識、経験があるので、

玄米菜食以外の方法で、アレルギー改善は

可能だと知っているけども、

ひとつの方法としてはアリっちゃアリかと。

このことから、

マクロビなどの偏った食養生は、

短期間なら有効

と思ってます。

病気治し、体質改善として。

だけど、長期間となると・・・

うーーーーーーーん。

もちろん、長年マクロビを実践していて

心おだやかで、

美しい人

はいると思います。

(知り合いではいないけど)

病気治しと、健康を維持する食事は違う

これ大事。

不調が改善したら、

いろんなものをバランスよく食べたらいいし、楽しいですよー

お肉も、

お魚も、

生野菜も、

加熱した野菜も、

ご飯やパンなどの穀物、

きのこや海藻、

発酵食品・・・

時にはお楽しみとして、

お酒や、

スイーツ・・・・

そして、ファストフードですら、

”修行”(体から異物を出す練習、的な?)として

食べるのもいいと思う。

私の体の変化として、

アレルギー改善、下痢体質改善、

など、いいこともあったマクロビ生活・・

だけど、時間がたつにつれ

頑固さが目立つようになり、

周囲と調和しづらくなったり、、

そして、最終的には

ものすごい栄養不足になりました。

貧血、過食、などが起こる。

で、さらに

お肉がすごーーーく食べたくなった。

玄米菜食をして、数年たった頃だったかな。

無理してお肉を食べないようにしていたわけではなかった・・

はずなのに、

自分でもなぜかわからないけど、

お肉食べたい!!!!

・・となりました。

その時は不思議だったけど、

今思うと、

血が足りなかったのかな、と。

玄米は完全栄養食と言われているけど、

やっぱり

お肉やお魚、卵からとれる栄養とは

違う。

いまはプロテインやアミノ酸など、

よいものもあるので

タンパク質そのものが不足・・

はないでしょう。

でも、食品からじゃないと

得られないエネルギー、栄養ってのは

あります。

サプリはしょせんサプリ。

栄養補助食品だから〜〜

(言っちゃうと加工品ですもん)

あと、マクロビはとにかく油をよく使う。

車麩を揚げたり、

大豆ミートを揚げて唐揚げ風にしたり・・

大豆の加工品なんかを使って、

お肉もどきメニューを作ったりするのね。

マクロビやってる時は、

なんてすばらしいアイディアなの!!(単純)

・・と思ってたけど・・・

いまは、

牛肉煮込んだり、

鶏肉蒸したり、

豚肉ゆでたり、

その法がヘルシーじゃない????

と思います。

そんなこんなで、マクロビから離れた私・・

(その後肉食に走り、その末路はまた別で。)

参考記事
健康オタク、ダイエットジプシーな私の遍歴④〜肉食からの雑食時代〜

続きを見る

なんだけど、

マクロビのスイーツを作ったり、

教室にも行ったりしてた。

んで、

米飴やメープルシロップ、全粒粉を使い、

卵や牛乳、バターを使わない

スイーツ作りにいそしんだけど・・・

体にやさしく、良いものなはずなのに

適量でおさまらず、

たくさん食べてしまうという、

アホな事態に・・・・

そんなこんなあって、

いまはマクロビクッキーだの、

白砂糖不使用だの、

そんなことは気にしないようになった。

好きな和菓子を食べたほうが、

変な食欲が落ち着いた。

(大福やおはぎが好き)

世間では、

GI値が高いだの、

精製されているものだから、

などと忌み嫌われている白砂糖。

あの、白砂糖ってそんなにたくさん

食べられないようになってるんです。

脂質と糖質の組み合わせ、

が消化に負担をかけ、

そこに、

食品添加物、という

ミラクルなものが加わることで

最強に体にやさしくないものになるんです。

玄米は体にいいとか、

お肉は血を汚すとか、

そういう短絡的思考で、健康は語れません!

 

私がマクロビでは美しくなれない・・

と言うのは

内面の観点からでもあります。

日本でのマクロビ2大勢力のひとつである、

お料理教室に体験に行った時のこと。

ベテランであろう、中年の女性の先生は

すごく怖くて、

頑固そうで、

付き合いづらそうで、

外見も失礼ながら美しくなかった。

事実、私の知っている美しい人たちは

お肉も美味しくいただき、

白米も食べ、

おやつや頂きものをありがたく頂いている。

小林カツ代さんとか、土井善晴さんみたいな

お料理の先生とは、明らかに違う

雰囲気があったなぁ〜・・怖かった〜

そんなわけで、私はもうマクロビはやっていません

とうお話でした。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー