毒を溜めない食事 続けられるダイエット 菜食主義のメリットデメリット

ベジタリアンの人が不足しやすい栄養素って?ベジタリアンと筋トレの関係は??

ベジタリアンの人が不足しやすい栄養素って?ベジタリアンと筋トレの関係は??

ベジタリアン、という言葉はそんなに日本では浸透してないと感じます。
マクロビやローフードを実践している人が、きっとそういうイメージなんでしょうね。
(マクロビは正確にはベジタリアンではない。)

そして、日本ではベジタリアンというと、まだまだ「変わった人」というイメージも強くある印象です。
ベジタリアン、オーガニック、という概念は海外のほうが圧倒的に生活に取り入れやすい環境が整っていますね。
ベジタリアンメニューのレストラン、カフェを見つけるのはそんなに難しくないですし、そういう意味では日本は、遅れているといってもいいかもしれません。

ベジタリアン、というと野菜(特に葉野菜)ばかりを食べている感じかもしれませんが一言でベジタリアンといっても、種類があります。

フルータリアン 果物・ナッツなどを食べる人
ヴィーガン 完全菜食。身につけるものにも気をつける人が多い
ラクト・ベジタリアン 乳製品は食べる菜食
オボ・ベジタリアン 卵は食べる菜食
ラクトオボ・ベジタリアン 乳製品と卵は食べる菜食
ペスコ・ベジタリアン 魚介は食べる菜食

ただ単にお肉を避けるのは、ノンイートミーターといいます。

ちなみに、ローフードというのは、48度以上の熱を加えないものを食べるスタイルで、raw(生)食を基本とした食事法のことです。
またちょっとニュアンスが違いますね。

そんなベジタリアン、ざっくりだけど共通するのがお肉を食べない、ことでしょうか。
ベジタリアンに不足しやすい栄養素、というとタンパク質!!と思われがちですが、タンパク質は種子、豆、穀物からも摂れるのである程度の量を食べれば大丈夫なんです。

タンパク質よりも、亜鉛と鉄 ですね。

身の回りの菜食の人を思い浮かべてみてください。
赤ら顔の人っていないでしょう?
どちらかというと、青白い、というか、赤みの少ない顔してませんか?
(お肉を食べると赤ら顔になる、という意味ではありませんよ)

亜鉛と鉄はお肉や牡蠣から摂れるものなので、それらを避ける場合は意識して、種子類やカカオなどから摂取するようにしたほうがよさそうです。

あとは、玄米もいいです。
基本的に私は、体質改善やダイエットには玄米をすすめていません。

ですが、長期的に菜食をしている人、今後どうしても菜食でいきたい、という人には玄米はいいのでは。と考えています。

お肉、お魚、卵、豆、などタンパク質をいろんなものから摂れているなら玄米を食べる必要はないともいえますね。

参考記事
ダイエットでリバウンドを繰り返している人に玄米ではなく、白米をすすめる理由
ダイエットでリバウンドを繰り返している人に玄米ではなく、白米をすすめる理由

続きを見る

玄米食をするなら、体の負担にならない食べ方も知っておくといいです。

参考記事
ダイエットや腸内環境アップにも効く玄米の正しい食べ方
ダイエットや腸内環境アップにも効く玄米の正しい食べ方

続きを見る

ベジタリアンの人は、筋トレをしても意味がないの??

こういう疑問を持つ人はとても多いです。
だけど、こちらは心配無用です。

適切な筋トレをして、ちゃんと食事をしていれば、筋肉はつきます。

ベジタリアンの格闘家やボディビルダーで活躍している人もけっこういますよ。
ただ、お肉やお魚を食べるのに比べると、菜食ベースの食事からタンパク質を摂るのは効率が悪いことは確かなんです。

だから、ベジタリアンの人は穀物や種子などを普通よりも多めに摂る意識をしたほうがよさそうです。

ベジタリアン寄りの食事をしている人は、タンパク質や脂質が摂りづらくなるので全体的なエネルギー量が大幅に減らないように気をつけながら、不足しやすい栄養素をカバーするようにしましょう。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-毒を溜めない食事, 続けられるダイエット, 菜食主義のメリットデメリット
-, , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー