成功するファスティング

ファスティング中に頭痛が起こる理由とその対策

ファスティング中に頭痛が起こる理由とその対策(ファスティングQ&A1)

ファスティングは、正しくやれば体質改善やダイエットのよい起爆剤となり、正しい食習慣や味覚に戻すためのよいきっかけになります。

私自身、3〜5日間のファスティングは何度もやっているのでファスティング中に起こりうるトラブルはいくつか経験があります。

ファスティング中に不安なことが起きても、その理由と対策を知っていれば怖くないですし、体が変化する過程でいつもと違う感覚があるということは上手くいっているとも捉えられます。

ファスティング中によく起こることとして、頭痛があります。

頭痛が起こる原因として、

①ケトン体が増えることによる

②生理前や生理中に重なったことでのホルモンバランスの乱れ

③血糖値が不安定になったため

④ミネラル不足

があります。

それぞれの原因と対策は、

①ケトン体が増えたため
ファスティング中は最低限のブドウ糖を摂取してやることで、ある程度時間が経つとケトン体が出ます。
ケトン体が体内で増えると、酸性に傾くので頭痛が起こることがあります。普段のように、糖質をメインのエネルギーにしているときは弱アルカリ性に保たれています。

②生理前や生理中
ファスティングをやるなら体も気分もすっきりする生理後がおすすめです。
ただでさえ不安定になりやすい生理前や生理中は、はじめてやるようなストレスのかかることはやらないほうが無難です。

③血糖値が不安定になる
普段は食事によってエネルギーを取り入れているところが、何も入ってこないので低血糖ぎみになることもあり、その結果頭痛が起こることも。
ファスティングに使用している酵素ドリンク、生ジュースなどを多めにとると落ち着くことがあります。

④ミネラル不足によるもの
ファスティング中はデトックスを促すために、多めの水分補給をします。その際にミネラルも一緒に排出されると、それが頭痛となって出ることも。
ミネラルをサプリメントで摂取したり、塩分も不足しないように自然塩や梅干しなどで摂るといいです。

最後に、水分不足にならないように水をしっかり飲むのも大事です。

このように、ファスティング中に頭痛が起こることはよくありますが、そんなに神経質になることはありません。
ただ、我慢ができないほど不快な状態が続くようであればファスティングを中断してください。

無理に続ける必要はありません。
体調がよくなってから、改めてチャレンジすることもできますからね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

アトピー肌改善コンサルタント。脱ステプログラムのご提案。自力での脱ステ2回。本当の体質改善ダイエットはリバウンドしません。会社員(秘書)→フリーランスのヨガインストラクターを経て現在に至る。心理学からのダイエットアプローチ。二児の母。

-成功するファスティング
-, , ,

© 2022 体質改善サロンfitmeフィトミー