成功するファスティング

ファスティングにチャレンジする前に習慣にしておきたいこと

ファスティングはここ数年でとてもポピュラーになりました。

私の周りでも、やったことある!という人はとても多いです。
少し前ならジュースクレンズがモデルの間から広がって、都心には一気にジュースクレンズ用のフレッシュジュースを売るお店が増えましたよね。

ファスティングをやるメリットはたくさんありますが、血液の浄化、体に溜まったムダなものを排出(デトックス)効果がその代表的なところでしょうか。

その結果、美肌効果、ダイエット効果などがくっついてくるというイメージです。

そんな素敵なファスティングですが、毎日のように食べすぎている現代人にはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

空腹を感じる前に、

お昼休みだから、

飲み会だから、

と食べるのが習慣になっている人は空腹にとことん弱くなってしまっています。

自覚がないだけで、仕事中に無意識にガムや飴を口に入れる、甘いジュースを常に飲んでいる人もそうです。

何事もいきなりやるよりも、段階を踏んでやるとやさしいです。

ファスティングにチャレンジする前に習慣にしておきたいこと、それは朝食抜きです。

半日断食、プチ断食ともよばれる方法です。

1日3食お腹いっぱい食べている人は、まずこの朝食抜きからはじめてみるといいです。

やり方は簡単。
これまで朝食として食べていたものを、フレッシュジュース、もしくはフルーツのみに変えてみる。

ジュースならベストは自分で絞る、ですが面倒なら季節のフルーツを食べるでもOK,。

ナチュラルハイジーンでは、生活をその働きによって3分割しています。

午前4時〜正午・・排泄

正午〜午後8時・・摂取

午後8時〜午前4時・・吸収

ナチュラルハイジーン
健康維持のための科学。病気予防のための原則の理論。
Fit For Life という本が有名。

午前中は排泄のためにエネルギーを使うので、消化には適していないそう。

前日に夜遅くまで飲み食いし、締めにラーメンや夜食まで食べているのに朝ごはんもパクパク食べる・・これは明らかに食べ過ぎです。

上記の通りでなくても、朝食を抜くことで夕飯から翌日の昼食まで十分に時間を空けることができるので内臓を休めることができますよね。

私もファスティングにチャレンジする前に半日断食をはじめました。

やる前はお腹がすくんじゃないか、フラフラするんじゃないかと心配でしたがやってみると体がすごく軽くて集中力が増しました。
当時は会社員だったんですが、午前中の仕事がはかどるはかどる・・

冷えが強い人は、午前中のフルーツが辛い場合もあります。

そんな時は、暖かいお味噌汁や野菜スープなど消化に優しいものからでもいいです。

普段、甘いものを摂りすぎている人は低血糖でフラフラすることもあるかもしれないので、そんな時ははちみつや黒糖などミネラル分も摂取できる甘味を少し摂ってくださいね。

あまり深く考えずに朝食を抜いてみる!

これが難なくできるようになって、習慣化したら次のステップ、ファスティングにチャレンジしてみると失敗することなくよい結果が得られますよ。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-成功するファスティング
-, , , , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー