雑記

ファスティングすると毎回簡単に3キロ痩せるので、喜んで何度も繰り返していた女性の悲惨な末路

こんにちは、fitmeの大井潤子です。

ここ数日で何だかぐっと寒くなって、

本格的な冬を感じますね。

娘は、冬の歌

真っ赤なお鼻のトナカイさんは〜

雪やこんこ、あられやこんこ〜

などなど、楽しそうに歌ったりしています。

 

さて。

今日はファスティングでダイエットをすることについて。

ファスティングはここ数年で

ずいぶん浸透したと感じます。

私自身、専門的に勉強もしたし、

何度もチャレンジしています。

はじめに書いておくと、ファスティングそのものは

とても良いものなんです。

昔と違って、現代は「食べ過ぎ」によって

さまざまな不調が起きている場合が

ほとんどだし、

海や空気の汚染、不自然な食べ物が溢れかえって

いるので

体に老廃物も溜まりやすいですし。

それらをデトックスし、食べ過ぎや解毒のために

疲弊した内臓を癒す効果はもう、

バツグンなのです。

ところが、ファスティングをダイエットの手段

してしまうと、

ちょっと話がおかしくなってしまいます。

確かに、痩せるは痩せるんです。

(その人に合っていないと全然痩せない場合も)

だって、、ねぇ?

食べないんだから・・

脂肪が多くて水分を溜め込みやすいタイプは、

一時的に水が抜けるので、体重が減り、

見た目がかなりすっきりする効果もありますね。

内臓の疲れ=肌の疲れ

なので、

食べないことで、肌はツヤツヤしたり、

肌荒れに悩んでいた人も、すっきり治ってしまったり。

なんだけど、食べない。という

極端な行為には、リスクがあるんです。

 

今日は、ある方の話をひとつ。

ダイエットに興味のあったAさん。

ひょんなことから、ファスティングを知り、

早速申し込み。

(ファスティングサポートしてくれる人に)

はじめは3日からはじめて、2回目以降は

5日間にチャレンジ。

やる度に2〜3キロ減って、体がどんどん

すっきりするので、

気を良くして、2〜3週間のペースで

繰り返していたそう。

繰り返していくうちに、

準備食をきちんとやらず、前日にいつもより

飲み食いしたのに断食を始めたり、

断食期間、終わったら何を食べようか・・と

四六時中考えるようになり、

断食後の回復食が待てずに、

早い段階でスイーツやお肉に手を出すように

なってしまいました。

その結果、

一時、きれいになった肌荒れが復活。

(食べたり食べなかったり、急に食べたりしたせい)

断食期間だけ体重が減るがすぐにリバウンド

(準備、回復食をきちんとやれていない)

あまり良い結果が出なくなってしまい。

それだけならまだしも、

食欲が止まらなくなってしまった。

いつも何か食べたい衝動。

断食後の回復食をゆっくりやれず、

回復食期間に禁忌である、

揚げ物

スイーツ(こってり洋風)

が、すごく食べたくて、

普段の生活の中でも、多量に食べるように

なってしまった、と。

私のブログを読んで、はっとして

もしかして、極端なダイエットによる

過食になってしまった・・??

と気づいたわけです。

Aさんは、ファスティングがきっかけだったけど

極端に食べないダイエットでも同じです。

まさに食べないダイエットによって過食が

起こる、王道のパターン。

私もまぁ似たような流れを経たので、

わかります・・

私の場合は、さらにハードな運動も追加されていたので

体が

エネルギー枯渇してるよーーーーーー

と、シグナルを発し続け、間食が

ほんとに止まらなかった・・・

早く楽に痩せたいし、変わりたいですよね。

みんなそう。

でも、乱れに乱れた食生活そのものを

見直しもせず、

時々ファスティングをして、調整。

こんなダイエットはやっぱり続きません。

そんなに都合よくいかないんです。

Aさんと同じようなこと、身に覚えのある人は

要注意です。

ファスティングにチャレンジしたい人は、専門家の元、

もしくは施設に入ってやることをおすすめします。

そんなに人間の意志って強くないので。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

アトピー肌改善コンサルタント。脱ステプログラムのご提案。自力での脱ステ2回。本当の体質改善ダイエットはリバウンドしません。会社員(秘書)→フリーランスのヨガインストラクターを経て現在に至る。心理学からのダイエットアプローチ。二児の母。

-雑記

© 2022 体質改善サロンfitmeフィトミー