成功するファスティング

ファスティング中に寒気。冷えが我慢できない場合

ファスティング中に寒気。冷えが我慢できない場合(ファスティングQ&Aシリーズ3)

これまで、ファスティング中に起こる症状について書いてきました。

参考記事
ファスティング中に頭痛が起こる理由とその対策(ファスティングQ&A1)
ファスティング中に頭痛が起こる理由とその対策

続きを見る

参考記事
ファスティング中に下痢や便秘になる理由(ファスティングQ&Aシリーズ2)
ファスティング中に下痢や便秘になる理由

続きを見る

今日は、ファスティング中に起こりやすい症状のうちの寒気や冷えについてです。

私たちは食べることによってエネルギーを生み出しています。
栄養を取り入れることもそうですし、純粋に食べることによっても熱を生み出しています。

それが、

食事誘発性熱産生

食事をして咀嚼することによってさらに体温って上がるんです。

ファスティング中は食べないことで内臓の負担を減らしますが、その代わりに寒さを感じやすくなってしまうんです。

そういう意味では、夏よりも冬のファスティングのほうがハードルが高いのかもしれません。

その上、最低限のブドウ糖しか摂取しないので一時的に栄養不足になるので体はあなたを守るために省エネモードになります。
少ししか入ってこないエネルギーで、活動や代謝のためのエネルギーをまかなう必要があるんです。

そうすると、それが寒気や冷えとなって現れるんですね。
これはもう、ファスティングをする上で避けることはできません。

ただ、この寒気や冷えにただ耐えろ、ということではありません!
しっかりと対策をすることで、緩和することはできます。

①暖かい格好をする
腹巻きやソックスなどがおすすめ。真冬ならカイロや湯たんぽも上手く利用しましょう

②白湯を飲む
冷たい水やハーブティーで水分補給をするのではなく、内側から温める努力を!

③ウォーキングやストレッチ、ヨガをする
体を動かすことで熱をおこす。あまりハードな運動ではなく、心地いいと感じる強度のものがいいです。自律神経が整うヨガはおすすめです。

④お風呂にゆったり浸かる
バスソルトなどを入れて軽く汗をかくといいです。あまり長風呂したり、熱すぎる湯船は立ちくらみなどのリスクもあるので気をつけてください。

①〜④、すべて簡単にできることなのでぜひ試してみてください。

特に②の、白湯は大事です。
普段から、水分補給で冷たい飲み物をガブガブ飲むクセのある人は要注意です。

人間の体は36.5度前後がもっともよく働くと言われています。
それなのに、冷たい飲み物を年中飲む習慣のある人は内臓から冷えている可能性があります。

せっかくなので内側からケアをしながら、ファスティングを成功させましょう。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-成功するファスティング
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー