雑記

食べると何か調子悪くなってしまうあの食べ物・・あなたのパフォーマンスを下げる食べ物は何ですか??

こんにちは、fitmeの大井潤子です。

今日は晴れやかで暖かく、過ごしやすいですね〜

これから2月にかけて、冬本番の寒さが来るかと思うと

ちょっとゲンナリしてしまいます・・

でも、雪が降ったら娘はきっと楽しいんだろうなぁ。

 

さて、食べると何か調子悪くなってしまう

あの食べ物・・についてです。

みんなあるんじゃないでしょうか。

嫌いじゃないんだけど、食べると何か

調子が悪くなる食べ物って。

ちなみに私は、チーズとひき肉系のものが

ダメです。

ピザとかも、食べている時は

美味しいな〜って

思うんだけど、食べた後の破壊力がすごいです。

私はわかりやすく、便秘になります。

あと、ひき肉系。

外食でミートソースやハンバーグなんて・・

胸焼けが止まりません。

10代の頃、地元で人気のパスタ屋に

友達と行って、ミートソースを食べた後の

あの何とも言えない胸焼け・・

ずいぶん前のことだけど、忘れられないです。

あなたにとって、食べると調子が悪くなり、

パフォーマンスが下がるものは何でしょうか??

これを知っておくと、外食が続いてしまう

時期や旅行中も

最悪の事態を避けることができますよ。

調子が悪くなる=消化しきれない

なので、

あなたの(今の)消化力に合っていないものなんですね。

だから、

”それ”を食べ続けると、結果的に”太る”ことに

なります。

12〜1月の間って、何かと食べる機会が多いので

そういう時にうまくお付き合いをしながら

太らないように調整するには

自分にとって、”消化しづらいもの”を知っておくと

いいですよ。

前にも書いたけど、外食などでは

できるだけ油脂を避けたほうがベター

なぜかというと、外食などで使われている油は

質の良いものであることのほうが少ないし、

お客さんの満足度を上げるために

多量の油を使用しています。

その油脂類の中でも、人それぞれ

得意不得意があって。

私のよく知る、お肉を食べない人は

ラーメンを食べる度にお腹を壊している・・苦笑

肉そのものは食べないのに、

スープに含まれる脂がどうやらダメらしい。

 

あとは、よくあるのが牛乳かなぁ。

ヨーグルトやチーズは大丈夫だけど、

牛乳を飲むとお腹を壊す人とか。

他でもない私も、20代の頃に牛乳をきっぱり

やめたら下痢しなくなったし・・

わざわざアレルギー(遅延型)検査なんかしなくても、

食後にどんな感じがするか、

翌日のお通じはどうか。

そういうところを、しっかり見てあげれば

自分にとって相性のいいものと、そうでないものが

見えてきますよ。

自分の心と体を感じるようにしてみてね。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー