毒を溜めない食事 続けられるダイエット

バナナは太るから食べてはいけない??カロリーや糖質が高いのがその理由だそうだけど・・

バナナは太るから食べてはいけない??カロリーや糖質が高いのがその理由だそうだけど・・

バナナは太るから食べないほうがいい!
果物の中ではカロリーも糖質も高いからダメ。

こんな風に思っている人、けっこう多いのではないでしょうか?

私もそう思っていました・・

というのも、パーソナルトレーナーの人にも果物はどれだけ食べてもいいけどバナナだけはだめ、と言われていましたし、
糖質制限信仰者も、バナナなんてもってのほか!!
・・とぶった切ってますし。

その理由はというと、カロリーが高く、糖質量が多い。というのが主な理由です。

マクロビだと、南国産のものは体を冷やすからあまり良くない。とされていて、そもそも果物自体があまり推奨されていないんですよね。
そういえば私も、マクロビに偏っていたときはバナナ食べたら体が冷える・・とか思ってました苦笑
本当のところは分からないのに、鵜呑みにしてたんですよね。

そんなダイエット界で嫌われ気味のバナナ。

本当にバナナって太るんでしょうか?

バナナの栄養成分(普通の大きさのバナナの可食部90g)
カロリー・・約80Kcal
タンパク質・・約0.99g
脂質・・0.18g
糖質・・20.25g
食物繊維・・0.99g
水分は70%程度、ビタミンミネラルは、ビタミンB6とモリブデンが豊富。

確かに、糖質は高めといえるかもしれません。
ただ、これは言い換えればエネルギー源になる!ということ。これからしっかり働く、運動する、という時に水分が90%以上のほかの果物だとちょっと弱いんですよね。

参考記事
朝食をフルーツ中心にするダイエット。合う人と合わない人の違いは?
朝食をフルーツ中心にするダイエット。合う人と合わない人の違いは?

続きを見る

マラソン中の栄養補給、アスリートの試合中、筋トレ前などにも活用されていることからもわかると思います。
バナナの良さは、なんといってもその手軽さ!
ナイフ不要で、皮をむくだけでどこでも食べられますもんね。

参考までに、他の果物で80Kcal分の糖質量です。

りんご半個 11g
みかん2個 17.3g
キウイ2個弱 23.5g

イメージしてみて欲しいんですけど、バナナ1本食べるよりもお腹にたまらない感じしませんか?
果物はそのほとんどが水分なので、無理もないです。
糖質量も、バナナの20.25gと比べて劇的に低いということでもなく。

バナナが優れたエネルギー源であるのは、お米と似ていることもありますね。

ご飯の栄養成分(約50g)
カロリー・・80Kcal
タンパク質・・1.25g
脂質・・0.15g
糖質・・18.55g
食物繊維・・0.15g

食物繊維こそ少ないものの、タンパク質、脂質、糖質のバランスはかなり似ています。
食物繊維量の違いが、GI値の違いになっているんでしょうね。

白ご飯 88
バナナ 55

ご飯は腹持ちもよく、よいブドウ糖の供給源です。
パンや麺と違って、余分な塩分や糖分も入っておらず、体に負担のかからない食べ物です。
血糖値をあげることで、タンパク質など他の栄養素の吸収も助けてくれます。

実際、バナナは空腹への移行のしかたがご飯と似ているなぁと感じます。
食べ方を考えれば、バナナが他の果物と比べて特別太るとは言えません。
むしろ、バナナを避けるがために他の水分ばかりの果物をたくさん食べているのであれば、そのほうが太る可能性もあります。

バナナの特性を生かして、うまく取り入れればダイエットのプラスにもなりますよ。

運動前、運動中のエネルギー補給に

忙しくて食事を摂る時間がない時に

寝坊してごはんを食べる時間のない朝に

もちろん、同じものを毎日毎日食べることの弊害はあるのでそのあたりは考えて食べるようにするといいですね。

参考記事
高額なアレルギー検査は不要!アレルギー予防と改善のための食べ方とは
高額なアレルギー検査は不要!アレルギー予防と改善のための食べ方とは

続きを見る

何であろうと、食べすぎれば太る原因になります。
どんなに内容にこだわろうと、オーガニックでも何でも1日に食べたものの総エネルギー量が消費エネルギーを越え続ければ徐々に太り始めます。

情報過多の現代だからこそ、溢れる情報に左右されすぎず自分にとって心地いいことや満たされるということを大事にするようにしましょう。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-毒を溜めない食事, 続けられるダイエット
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー