冷え性を治す方法 続けられるダイエット 肌荒れを治す方法 自分に合った運動やエクササイズ

ダイエットを成功させるための運動の位置づけ。人によって使い方が全然違います。

ダイエットを成功させるための運動の位置づけ。人によって使い方が全然違います。

運動、というとどんなイメージが自分の中にありますか?
実は、あなたのこの運動に対するイメージによってダイエットにおいての位置づけというのは変わってくるのです。

巷にあるダイエットは、大きく分けて2通りです。

・運動系

・食事制限系

どちらかがメインで、もう片方についてはあまり強調していないことがほとんどです。
だけどそれは、もう片方が不要、と言っているわけでもないんですよね。

エクササイズ推しのダイエット本も、ほんの数ページとはいえ食事について触れていたりしますしね。

本来は運動と食事の両方をやった方がいい、それはみんな心の底では分かっていることなのではないでしょうか?
だけど、そんな風に言うと目新しさもないし、大変そうなんで誰も注目しない。

だから、

運動は一切不要!

食事制限は一切不要!

という、キャッチーなものに流れていくんですよね。

なぜ食事と運動を両方取り入れるダイエットがなかなか受け入れられず、提案されないのかというと大変だからなんですよね。

正直、ダルイってことです。

運動と食事制限の両方をやる場合は、うまくやらないとつぶれてしまうんです。
この「どれくらいでやるか」の設定で、ダイエットが成功し、リバウンドせずキープできるかは決まるんです。

ゆるいと、痩せない

キツイと続かない(続いても戻る)

ダイエットに運動を取り入れるかどうか、そのタイミングの見極めはその人によるのです。

あなたの運動に対するイメージはどんな感じでしょうか。

1 運動に対してポジティブなイメージを持っている OR  すでに運動習慣がある

2 運動に対してネガティブなイメージを持っている OR  何もやっていない

1の人は、食事をより意識すればダイエット効果が高まりそうです。

2の人が、苦手な運動も食事制限も一気に始めると続けるのが困難になりそうです。

 

多くの人が勘違いしていることなのですが、

ダイエットのために運動をはじめるのは間違いなのです。

好きでやっているのなら問題ないんですけどね。
体がすっきりしてくると、自然とやりたくなることもありますね。

参考記事
体質改善やダイエットのために嫌いな運動をやるべきでしょうか?
体質改善やダイエットのために嫌いな運動をやるべきでしょうか?

続きを見る

運動に慣れ親しんでいない人が運動をはじめると、体へのダメージが大きいんです。

例えば、筋トレ。
筋トレって、はじめた頃が一番辛いんですよ。
身体中筋肉痛で、ただ歩くのも、いや椅子に座ったり立ったりするのも辛い。

その状況で、食事制限もはじめるとダブルでの苦しみになります。
食べる量を減らしすぎるともうフラフラです。

これでは、ダイエットのプラスにもならないし、筋肉を作るために体がきちんと働く力も残っていません。

だから、短期間で痩せさせます!!!みたいなところに行くと、みんな一度は痩せるんだけどリバウンドするのも早いんですね。

2ヶ月で結果を出すところはきっと痩せますけど、その分その2ヶ月間は仕事や生活に支障が出るくらい超ハードなものであることは確かです。
(ついでに言うと、タンパク質過多で内臓も酷使するので心身ともに負担がとても大きい)

あなたの運動に対するイメージ、運動経験、いまの状態を考慮してどんな風に取り入れるかを判断しましょう。

fitmeでは運動をしないの?と言われますが、そういうわけではありません。

ただ、強要はしません。

効果的な取り入れ方をお話しています。

例えば、運動は切り札としてとっておくのも一つの方法です。

新しい食習慣に切り替え、順調に落ちていた体重が停滞したときとか。

あとは、自分からやりたくなった時がやり時です。

運動は嫌い。と言っていた方が食事を変えて体が軽くなってくると、自分から何かはじめたい!となるのはよくあります。

強制ではなく自分からはじめたことなので挫折しにくいし、無理なくやれるんです。

やっぱり型にはめるダイエット法は、あまりおすすめできません。

カロリーは◯◯Kcalまでにしましょう

筋トレを週3回しましょう

夜ご飯は何時までに終わらせましょう、21時すぎたら抜きね など、、

人それぞれ、生活リズムも、体調も、体力も違うんですから。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-冷え性を治す方法, 続けられるダイエット, 肌荒れを治す方法, 自分に合った運動やエクササイズ
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー