雑記

何を食べないではなく、何を選ぶかを意識することが体質改善やダイエットの肝!考え方を少し変えてみる

こんにちは、fitmeの大井潤子です。

最近の娘は、とてもおしゃべりが上手に

なってきました。

その日あったこと、こっちがもう忘れいるようなことを

あの時こうだったね。

なんていきなり言ってくるもんだから

びっくりしちゃいます。

もう少し大きくなったら、

二人でカフェでおしゃべりしたり、

何だか女友達みたいで楽しそうです。

女の子ってほんとかわいいなぁ。

 

さて、今日は体質改善、ダイエットの考え方について。

よくある質問のスタイルが、

〜〜は食べないほうがいいですか?

自分の中で、〜〜は太る。みたいに

変換されてしまうと、

〜〜はダメ。食べない。

みたいな思考になりやすいですね。

この気持ちはすごく分かるんです。

他ならぬ私自身が、健康やダイエットに

とらわれていて

これはダメ。これはいい。これしか食べない。

みたいな考え方をすごくしてきたので。

 

ただ、この考え方はとても

自分の世界を狭くします

そして、学べば学ぶほど、

知れば知るほど、

がんじがらめになる

だから、

何を食べない、

よりも

何を選ぶか。

にフォーカスしてみてほしいんです。

例えば、

誰かが健康やダイエットには、玄米がいい。

と言っていたとして。

その時に、白米は太るからダメ。

ではなく、

玄米を食べられる時は、玄米を食べよう。

こういう心持ちでいるといいです。

こう考えれば、自由度が高いですよね。

外食しようとした時に、玄米を使った定食を

出してくれるところは少ないです。

それなのに、

絶対玄米!

白米はダメ!!

だと、とても食べるところは見つかりません。

妥協して白米を食べたとしても、

食べるべき玄米じゃない・・

と、何だかいまいちな気分で食べることになる。

何かを食べる時、

もっとも影響するのは気持ちです。

たとえば、誰かの思う

健康や美容にパーフェクトな食事があったとして、

その食事を食べたとしても、

その時にイライラしたり、

自分で気づかないレベルで

抑圧していたとしたら・・???

いくら素晴らしい食事でも、

いい影響は与えないんですよ。

このご時世、食べ物が溢れていて

選ばなければ、飢えることはない。

数百円で簡単に、いつでもどこでもお腹を満たせるますね。

だからこそ、見る目を養わないと

自分の健康は守れないんです。

そういう意味で、

何を選ぶか。

ここを大事にして、自分にあったレベルで

いいので

何を選ぶか。を

学んでほしい。

さっき、心の及ぼす影響のほうが

何を食べるかより大きいと書きましたが、

一つ注意。

自分はお菓子や菓子パンが好きだから、

心の健康のために我慢しないで

食べてま〜〜す!!

これは、危険です。

(過食のある人は、食べたほうがよかったりもします)

いいんです。

好きなものを好きなだけ食べて、

幸せなら。

でも、その食べ方や選び方で

美しく健康でいられるか?

我慢 と 節制 は違います。

理屈で押さえつけるのは、我慢。

節制は、もっと自発的。

正しい知識を持った上で、

その時その時の自分の心と体に

きちんと寄り添った結果、

自ずと選択する。

 

好きなものを好きなだけ食べて痩せる。

我慢一切不要!

・・みたいなやつに飛びついてしまうんですよね。

・・そして、全然痩せないし、体は変わらない。

好きなものを、

好きなときに、

好きなだけ、

食べたり飲んだりしてきたから、

今の不都合な状態になっちゃったんですもんね。

正しい知識を身につけて、

それをうまく活用して、

生活の改善をしてみるといいですよ。

体が求める食べ物が、しっかり感じ取れない人の

好きなもの、

食べたいもの、

というのは、たいてい体が喜ぶ食事ではない

ことがほとんどです。

 

何事もバランスが大事なんですね。

〜〜は食べない、ダメ。

この考え癖から離れ、

人間の根本である自然な食欲コントロールが

できる状態になること。

これが体質改善やダイエットを上手くいかせるコツです。

 

〜〜はダメ。

がたくさんあったら、

なるべく〜〜しよう。

に変換してみてください。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー