どか食い過食を治したい 毒を溜めない食事 続けられるダイエット

ダイエットでリバウンドを繰り返している人に玄米ではなく、白米をすすめる理由

ダイエットでリバウンドを繰り返している人に玄米ではなく、白米をすすめる理由

健康のために白米をやめて、玄米を食べています。

こんな話を本当によーーく聞きます。

これはまず前提として、白米は玄米に劣る という考えがあってのことだと思います。

糖質(米、パン、いも)そのものを悪者にする風潮、ここ数年の白米のような精製された糖質の扱いは相当なもんです。

私自身、長い間玄米を信仰してきたし、美味しい食べ方や炊き方も研究してきました。

玄米は、美味しく炊くのにコツがいるし、ちゃんと炊けないのなら食べない方がいいんですよ。

参考記事
ダイエットや腸内環境アップにも効く玄米の正しい食べ方
ダイエットや腸内環境アップにも効く玄米の正しい食べ方

続きを見る

そして、過食嘔吐を繰り返している人、食欲コントロールが難しくなってしまっている人に必要なのはブドウ糖であり、白米で食べるのがいいと書いてきました。

参考記事
過食嘔吐を繰り返してしまう・・止まらない食欲を抑えるにはどうしたらいいの??
過食嘔吐を繰り返してしまう・・止まらない食欲を抑えるにはどうしたらいいの

続きを見る

参考記事
どか食い癖をなおして食欲を正常に戻すための食事法
どか食い癖をなおして食欲を正常に戻すための食事法

続きを見る

玄米は腹持ちがいいですよね?
腹持ちがいい、というのは視点を変えると消化に悪いということです。

一方白米は、玄米に比べて消化がスムーズです。
だから、適切な量であれば3時間くらいで心地よい空腹感が訪れます。

マラソンランナーは、走る前に白い炭水化物をしっかり摂取しておくそうです。
数時間後のレースにそなえて、消化の悪い玄米をわざわざ食べる人はいないでしょう。

健康な人であれば、その時によって食べ分ければいいです。

ハードな筋トレの前には、すみやかにエネルギーになる白米を摂るとか、

朝食は時間が夜ほどしっかり摂れないから白米にするとか。

味の好き嫌いも大きな要素ですよね。

ダイエットでリバウンドを繰り返す、

過食嘔吐、

食欲コントロールができない、

こういう人は、代謝が落ちていて、消化能力も落ちています。

一見普通に食事をとっているようでも、健康な人に比べると

・満腹のサインを見逃しやすい

・ホルモンのアンバランスにより、消化液がちゃんと分泌されない

こんな状態なので、玄米のような消化の悪いものを食べていると基礎代謝を戻していくどころか、消化そのものにエネルギーを奪われます。
そうすると回復に時間がかかってしまうのです。

いくら栄養が豊富でも、その栄養を体が消化吸収する力不足であれば意味がありません。

そして、玄米は未精製の穀物なので残留農薬の問題も見逃せません。
良質な玄米を購入して、美味しい炊き方をすれば比較的安心かもしれないけど
代謝が落ちた体に農薬などを解毒する仕事までさせるのでは、なかなか代謝機能の回復ができません。

昔の私がそうであったように、玄米をすすめる人はみなその栄養の豊富さを語ります。
それ自体は決して間違いではないんです。

ただ、調理をする過程でかなりの栄養が壊れてしまうのも事実。

だったら、白米にビタミンミネラルをカバーできるようなおかずを副えて食べるほうが体に負担もかかりません。

玄米はあくまで健康な人向けのチョイスの一つである。

代謝が落ちて、消化機能に不安のある人は白米のほうがいい。
(特に過食嘔吐で体が傷んでいる人)

これは覚えておいてください。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-どか食い過食を治したい, 毒を溜めない食事, 続けられるダイエット
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー