雑記

みんな気になるカロリー。カロリー計算ダイエットでは痩せず、健康になるのも難しいだろうね、という話

こんにちは、fitmeの大井潤子です。

実は・・・

つい昨日は39度の発熱をし、

1日苦しんでました・・

(けっこう高熱よく出す私)

いや〜、やっぱり39度とかになるとキツイです

頭痛、

寒気、

関節痛、

目の奥が痛い・・

でも経験から、1日耐えれば下がるってことを

知っているので解熱剤などは飲まず。

そうすると、今朝には37度くらいにまでは

なってました。

そんなわけで、昨日は娘の面倒はとても見られず

家族に任せきりに。

ごめんね><

ぶり返さないように、養生します。

 

さて。

今日は、カロリー計算について。

ダイエット!というと、つきものの

カロリー計算。

あ〜、私も高校生の頃

コンビニでお菓子の箱の裏のチェックしてたな・・

カロリーは、参考にはなるけど

とらわれるとおかしなことになります。

ダイエットのプロ(ビルダーやボクサー)が

最終段階で

極限まで脂肪を落とすときには

効果があるかなぁと。

そうでなければ、

捉え方によっては間違った方向に

行きかねないので、難しいと思っています。

例えば、

おやつは1日200Kcal以内!

こう決めたとします。

200Kcalっていうと、けっこう食べられますよ。

人気の市販のチョコウェハース菓子。

これのミニなら3つ。

市販の食べきりようかん1つなら

170Kcalくらいなので、楽々クリア。

人気の市販のソーダ味アイスなら3本。

おにぎりなら小さいのが1つ。

洋菓子、和菓子、氷菓、ご飯と

タイプの違うものだけど

ほぼカロリーは同じです。

ここで問題です!

これらが体内で同じように作用するでしょうか??

生化学も栄養も知らなくても、

同じじゃないことは分かりますよね。

シンプルに、そういうことなんです。

確かに、カロリーは目安にはなります。

物は使いようなので、正しく使えば

ダイエットの味方になるでしょう。

でも、変な風に解釈して

カロリーが低いからいい、などと

自分勝手に変換するとヘンテコな理屈に

なっちゃうよ。

あとは、

カロリーゼロ商品ばかりを手に取る、とか。

超有名炭酸飲料のノーマル版は、100mlで45Kcal。

(果糖ブドウ糖液糖、砂糖、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン)

それに比べて、

ゼロ版は、0Kcal。

(炭酸、カラメル色素、酸味料、スクラロース、アセスルファムK、香料、カフェイン)

カロリー信者は、短絡的に

カロリーゼロのほうを選びます。

ところが、原材料を見てのとおり。

ただ単に、砂糖や果糖ブドウ糖液糖のかわりに

人工甘味料が添加されているだけなんです。

人工甘味料は、ガツン!とした甘味や刺激を

感じられるから一瞬の満足度は高い、、

かもしれないけど、ちゃんと感じてみてほしい。

舌や口の中がねっとりとして、

不快なねばねば感が残る。

喉の乾きを潤す・・なんてとんでもない!

余計ノドが乾く

そして、よくあるのが

1日の摂取カロリーを◯◯Kcalに

しましょう!!!ってやつ。

これは、年齢や性別などの一般的な

情報から導き出すものや、

基礎代謝にまで落とそうとか、色々あるんだけど・・

中でも一番ひどいのが、均一に

1300Kcalにしましょう!とかいうやつ。

何ら根拠ないし、おかしい。

だって、まったく同じ身長、体重だったとしても

同じだけのカロリーを消費してるわけじゃないんですもの。

骨格、筋肉量も違うし、肝心の体の中の働きも

違うわけだから。

だから、同じように1300Kcalにしよう!

っていうのが、

めちゃめちゃ辛い人

もいれば、

そんなに辛くない人

もいるわけです。

で、過剰な減食は体に危機感を

感じさせるから、

そんなことが続くと

どか食いの原因になります。

リバウンドって、まさにこの決まった型で

起こるようになっているんです。

栄養がずっと足らなかった人は、

体に不信感を持たせないようにするのが先。

ずーーっと、食べたり食べなかったり、

食べても栄養価の低いものだったから、

体はあなたのことを信じられなくなってます。

だから、少しでも栄養が入ってきたら

根こそぎ吸収しようとするし、

入ってこなければ、食べろ!という。

栄養不足がそんなに深刻じゃない人も、

いきなり大幅に食べる量を減らすのは

やめてほしいです。

”我慢”の度合いが大きければ大きいほど、

体と心への負担が大きくなってしまうから。

カロリーが低ければ太らない

カロリーが低い方がヘルシー

こんな風に考えている人は、もう少し

本質に目を向けてみてほしいな。

 

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-雑記

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー