毒を溜めない食事

ダイエットにいいと評判のオメガ3の油。飲む前に気をつけるといいこと

ダイエットにいいと評判のオメガ3の油。飲む前に気をつけるといいこと

オメガ3の油がダイエットにいい!

内臓脂肪に効く!

だからスプーン1杯は毎日飲みましょう!!!

素敵な芸能人やモデルも摂っています・・・

こんな言葉とともにおすすめされているオメガ3の油。

オメガ3とは、油の種類のことで他にもオメガ6、9、動物性の飽和脂肪酸などあります。

あとは、それらに属さない遊離脂肪酸のココナッツオイルなんかもここ数年で話題になっていますね。

オメガ3の油は、

・亜麻仁油

・エゴマ油

などに豊富に含まれています。

亜麻仁油は、オメガ3ブームのおかげで本当に有名になりましたよね。
それまで亜麻仁油なんて聞いたことなかったですもん。

オメガ3の油ですが、摂ることで得られる効果として

・炎症を抑えるので、アレルギー改善

・脂肪燃焼効果

・血液サラサラ

・脳や目にも効く(頭が良くなるとも言われる)

これは、必須脂肪酸のαリノレン酸、EPA、 DHAの働きによるものです。

αリノレン酸は、体内で合成することができないから積極的に摂りましょう!という事らしいですね。
だから、亜麻仁油やエゴマ油をサラダにかけたり、飲んだりして摂りましょうと。

ここまで書くと、とっても素敵なオメガ3だけどデメリットもあります。

めちゃめちゃ酸化しやすい

味にクセがある

酸化した油は体に良くありません。

そして、クセがあるのでサラダにかけたり、お味噌汁に入れたりするとちょっとビミョーな味に・・

私も数年前までは、亜麻仁油を冷蔵庫に入れていて、なるべく早く使うようにしていました。
だけど、味が好きじゃないとやっぱり続かないんですよね。

そうすると、摂る量も減り、早めに使い切ることができなくなるし、酸化した油は良くないので捨てるハメに・・
オメガ3の油は使いづらいんです。

ですし、油は加工品です。
これまでも書いてきたように、加工度の高いものは体に負担がかかります

そして、このオメガ3は摂るときにオメガ6の油とのバランスが大事なんです!!

オメガ6の油(含まれる食品) サラダ油・コーン油・大豆油・ポテトチップス・マヨネーズ

現代は、オメガ6の油は気にしなくても十分足りているものです。
むしろ、過剰なんです。

理想は、オメガ3:オメガ6 = 1:1〜1:4

だけど実際は、オメガ3:オメガ6 = 1:20〜1:40

外食などで使われている油は、安価なサラダ油がほとんどなのでちょっと外でランチしたり、飲みに行くとそれだけでかなりの量になってしまいます。

ここを無視していくらオメガ3がいいからといって、せっせと亜麻仁油を飲んだとしてもオメガ6過剰である限り、その効果は半減です。

オメガ3をがんばって摂るよりも、他の油を摂りすぎていないかに目を向けて、できるだけ抑えていくことがポイントです。

自分でお料理をする人は、サラダ油をやめるだけでも全然違いますし、油を使わなくても美味しいものを作ることは可能です。
そして、外食や加工品を控えるといいです。

オメガ6過剰は、アレルギーや動脈硬化、心臓病のリスクもあるので減らしてみる価値は大きいですよ!

オメガ3を摂る前に、

オメガ6とのバランス、

オメガ3の取り扱い

には注意しましょう!

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-毒を溜めない食事
-, , ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー