アレルギーを治す方法 毒を溜めない食事 続けられるダイエット

アトピーは遺伝じゃない。生活習慣を変えることでかなり改善できます

アトピーは遺伝じゃない。生活習慣を変えることでかなり改善できます

子供も大人もアトピーが増えているようですね。

程度の差はあるけど、敏感そうな肌の状態の人を多く見かけるようになりました。
私自身、数年前に誰だかわからないくらいに顔が腫れ上がり、身体中にとびひし、ただれた肌から汁が出て、毎日強いかゆみにおそわれたことがあるのでその辛さは身を持って経験しています。

子供の頃から軽度のアトピー、ぜんそく持ちでしたが大人になって生活習慣を変えることで劇的に良くなりました。

数年前に大事になったのは、あることが原因だったのですが、、それについてはまた書くとして。

タイトルにあるように、アトピーは遺伝ではありません。

そう言い切るのには理由が2つあります。

一つは、私の両親、親戚じゅう見渡しても、誰もアトピー喘息持ちがいなかったこと。

もう一つは、生活を変えることで、克服できたこと。

ただ、私たちは先祖からつながった存在なので、最も影響が大きいのは妊娠中の母親の食生活や精神状態であり、
遡ればもっと前の先祖たちが好んで食べてきたものなどの影響があることは否めません。

だから、生まれつき肌が弱い、敏感。ということもあるでしょう。
それでもそこからの生活次第で改善は可能なのです。

子供を育てていて思うのは、親の生活習慣が子供の健康に直結するということです。

ファストフードやスナック菓子が生活の一部になっている人は、子供にも同じように与えます。
手作りのものを食事として摂る人は、子供にも同じように作ったものを与えます。

だから、遺伝のような生まれ持ったもので決定付けられているというより、後天的な要素はとても大きいのです。
太った両親の子供が太っている・・というのは、わかりやすい例で、確かにぽっちゃり系の遺伝子(骨格ががっしりとか)はあるかもしれないけども、
それよりも太った両親の食生活と同じような食べ方をしているから・・という要素のほうが大きいのです。

じゃあどんな風に変えればいいのか?

・タンパク質の摂り方 → 適量を摂り、体にカスを残さない

・油の摂り方 → 質の悪い油で循環を妨げない

・自然なものを選ぶ → 不自然な食べ物で負担をかけない

 

例えば、私がアトピー症状が出ていた子供の頃の生活は

野菜嫌い、肉食

スナック菓子やジュースの食べすぎ

外食、加工品過多

こんな感じでした。

大人になるとさらに、

運動不足

睡眠不足

ストレス過多

飲酒

たばこ

これらが複雑に絡み合って、症状が悪化していました。
生活の部分ももちろん大事ですが、何は無くとも食事です。

You are what you eat.(食べたものであなたはできている)

食べ物自体に、良い悪い ということは本来ありません

・・が。
体が弱っているときや成長期に適していないものはあります。

アトピーで悩んでいる人の症状の改善は可能です。
少しづつ、自分で変えられるところからはじめていきましょう。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-アレルギーを治す方法, 毒を溜めない食事, 続けられるダイエット
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー