続けられるダイエット

どか食いをやめたいのにやめられない人はやめようとしないでください

どか食いをやめたいのにやめられない人はやめようとしないでください

どか食いをやめたいのにやめられない。

この悩みはとても多いです。

どか食い=異常、恥ずかしいと思っている人も多いので、あまり表には出てきませんが結構いるんですよ。

そもそも、どか食いってどんな状態でしょうか。

一度にたくさん食べること

これもどか食いなんですが、こういうことは外食や飲み会でハメを外したりすると誰にでも起こりうることですよね。

いや〜、つい美味しくて食べ過ぎちゃった・・お腹パンパンで苦しいよ〜

普通なら、お腹いっぱいで苦しいながらも心は満たされているはずなんです。
美味しいものを楽しく食べて満たされたのだから。

だけど、どか食いはそこに罪悪感というのがついてきます。

なんらかの理由で、たくさん食べてはいけない。
こんな風に考えているので、いつもよりたくさん食べることに対して心の奥底に恐怖心があるんですね。

だから、食べたあとに自己嫌悪に陥ってしまうんです。

どか食いで悩む人の多くが、

こんなことをする自分はおかしい

なんて意志の弱い人間なんだ

私ってダメな人間なんだ

自分のことを責めてしまってます。

どうして自分を責めてしまうかというと、どか食いを自分の意志でなんとかできると思っているからです。

食欲が起こるから食べる

食欲というのは、自分の意志で何とかできるものでなく、

ホルモン

胃腸菅

自律神経

これらが複雑に絡み合って起こるものなんです。

それを、意志の力で抑制しようとすると、体は猛烈に反発します。
体はいつもあなたを守ろうと一生懸命働いているので、

栄養が足らなかったり、

過剰なストレスを感じると

もっと食べろ!!!

と命令します。

この命令に、抗うことはできないと思ってください。

だから、どか食いがしたくなったら。

食べてください。

それがどんなものであろうと。
ダイエットに大敵な、ジャンクフードだろうと、スイーツだろうと…

こんな風に異常な食欲が起こるということは、体からのSOSだと思ってください。

これをまた無理やり意志の力で押さえこもうとすると、間違いなくどか食いの衝動はまた起こります。

どか食いをやめるためにまずやることは、

どか食い衝動がおきたら、その通りに食べてみる

食べたあとに、意志の弱さだと責めない

自分の体がなんらかの事態で、求めているから起きる、ということを知ってください。

ここからはじめていきましょう。

 
全10回無料メールセミナー講座配信中

「過食してしまう人の体質改善プログラム」

登録してくれた方全員に無料レポート配布・特典・スペシャルオファーを用意しています。

fitmeメソッドが気になる人は、まずはこちらを読んで実践してみてください。

登録はこちらからどうぞ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

体質改善サロン@大井

食べないダイエットや過度な糖質制限で、自身が不妊や体調不良に陥ったことから正しい体質改善ダイエットを研究・実践・発信しています。二児の母。ヨガ・ピラティス インストラクター。瞑想実践者。心理学から見たダイエットアプローチ。

-続けられるダイエット
-, ,

© 2021 体質改善サロンfitmeフィトミー